百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)

  • 939人登録
  • 4.15評価
    • (97)
    • (105)
    • (51)
    • (1)
    • (2)
  • 74レビュー
著者 : 荒川弘
  • 新書館 (2016年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403671753

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 買ったのに積んでてなかなか読んでなかった。読み始めたらのっけから面白くて読むの止まらなくなるのにね。まず、1ページ目読め!自分!!(笑)父の生命力に脱帽!そして牛に感謝!!ww相変わらず面白すぎる内容。裏切りませんな。表紙のイラストに火星人の絵があって「何で?」と思ってたら中身読んで吹いた(笑)伝え聞いた話など裏事情的なアレコレもふんだんに描かれた4巻。5巻とかも出るんかな?荒川さん忙しいよね~・・・出たら買います!そして次こそ早めに読みます!!(笑)

  • 既刊を振り返る展開があり、1~3巻販促展開かな??と思うところもありましたが「言い伝わった話」と今回も見れたお父上の不死身エピソードと、ワンちゃんがネズミ捕りに引っかかった話がとても好きで、読み終えた家族と盛り上がりました。
    百姓貴族よむと銀の匙が読みたくなって、逆もしかり。
    本棚にいつも置いておきたい大好きな本。

  • 久々の新刊。
    それにしてもやっぱり農作業用トラクターとか車両とか、大きいのは事故が多いんだろうなぁ… 
    火星開拓が面白かったです。そう、物はないところに流れるのではない、金があるところに流れるんだよ!そりゃそうだ。

    それにしても間に流通業者や問屋さんが入ることにより消費者は食物を安定供給されている訳ですが第一次産業従事者に入ってくるオカネって実はすごく少ないんだろうなぁとか思うと…切なくなります。バターの生産者還元ってのもすごいと思いましたが還元という名目で金をとるとは。なんていうのか政府の支援とか補助金も結局は補助金を分配する組織や申請を行う役場等に使われしまうと実際作業してる人の手元に残るお金ってどんだけになっちゃうんだろう?とか考えちゃいますよね。でもだからと言って生産物を全て生産者が販売出来るわけもないし。難しい問題だなぁ…。

    政府が悪い、とか政治が悪いといって方針が変わったとしても結局は税金を上手にもらえる組織だけが得してるんだろうなぁとか考えると哀しくなります。本当に第一次産業従事者には頭が下がります。

  • 遠足の目的地が自分の家・・・。
    まず北海道農家で無いと経験しないと思う。
    スケールが毎回大きすぎて面白いです。
    CMの背景が一番うけた(笑)。

  • 畜産業。なんてハードで生命力あふれた漫画。農業やってる人たちって、たくましくてかっこいいなぁ。

  • この漫画を読むと無性に牛肉と乳製品が恋しくなる。

  • 特典ペーパーに連載10周年の文字があって驚いた。そんに長く連載しているのか。

    農家結婚あるあるは、ブーケが面白い。
    お父さんの入院で脳内シミュレーションを咄嗟にしてしまう内容が内容で、でもオチが笑えるもので良かった。そしてお父さんの代わりにまた犠牲があって切なくなったけど、笑ってしまった。お父さん最強っぷりに拍車がwやっぱりお父さん関係のエピソードはハズレない。
    おばあちゃんの作るカボチャの美味しさにはある秘密が。
    ちょっと危ない話でも「伝え聞いた話です」という万能なフレーズがあれば描ける裏百姓貴族も怖いもの見たさで読んでみたい。

  • 今回も親父殿に様々な危機が‼(゜゜;)でもどんな事が起きても生還する親父殿が大好き(*^^*)荒川さんのキャンプや遠足が自分家なのは可哀想だわ~(^o^;)

  • 再び来た、親父殿の巻!
    不死身だな、親父殿!!

  • 安定の面白さ。親父殿…長生きしてください!お子様が登場してて可愛い。

全74件中 1 - 10件を表示

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)を本棚に登録しているひと

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)の作品紹介

マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。今巻も、農家の結婚式や農閑期の過ごし方、バター騒動や、もしも開拓農民として火星に移住したら!?など、農家あるあるネタ満載!!さらに親父殿の内臓が破裂していたり、スズメバチに刺されたり、腸閉塞を起こしたり、それでも不死鳥のように甦る素晴らしき伝説炸裂!!荒川印の特濃☆農家エッセイ・コミック、脂の乗った第四弾!!!

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)はこんなマンガです

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)のKindle版

ツイートする