会津士魂 (1)

  • 10人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 早乙女貢
  • 新人物往来社 (1985年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404012944

会津士魂 (1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説形式のテキストのようだ。
    かなり説明文が多く、しっかりとした著者の歴史観において描かれている。
    ちょっと退屈め(苦笑)

    会津に誇りを持っている人物が描く小説はかなり興味深い。
    まだ第一巻なので、どのような作品になってゆくのか分からないが、この著者ならば変な歴史の捻じりや贔屓なしに書いてくれるだろう!

  • いわゆる明治文明開化礼讃の思想とは真反対に位置する本です。かなりの大作とのことですが、なんとか今年中には読み終えたいです。ちなみに作者の早乙女貢は、司馬・池波と並ぶ時代小説の大家。この本も幕末好きにはたまりません。

  •  会津藩士視点の幕末。
     うーん…。それはわかって読んでるんだけども、尊攘派の描かれ方がやっぱり酷すぎる。まるでチンピラですよ。だってさー、それに自分らこれから負けていくんだよ?「モラルも何もなくただ権力が握りたいだけの卑劣漢だから勝利した」うーん…いいのかなー…。
     確かに主人公側会津藩士は規律正しく武士道に殉じ…なのかもしれんけど、松平公も正しいんだけど、そのせいで後々あの悲劇を迎えるのだとしたら、正しいってことは正しいんですか?と思わざるをえないのです。
     続き読まなきゃ。

全3件中 1 - 3件を表示

早乙女貢の作品

会津士魂 (1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

会津士魂 (1)を本棚に「積読」で登録しているひと

会津士魂 (1)はこんな本です

ツイートする