東京新大橋雨中図

  • 35人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 杉本章子
  • 新人物往来社 (1988年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404015839

東京新大橋雨中図の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10年ほどまえに既読。再読しようかと思いったが、図書館の返却期日が来たので、返しました。また借りよう。

  • 第100回の直木賞受賞作品。
    本学大学院卒業の大先輩、杉本章子さんの代表作です。
    本年12月4日にご病気で早逝されました。とても残念です。(2015/12/19)

  • 執拗な悪を設けず、蛋白なリズムが著者の持ち味だ。大成する人物記にあって、ありふれた生活苦があふれているところに、女性作家のらしさを感じる。

  • 小林清親のお話。

    題名になっている絵は、

     http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/collection/symphony/fukei/imgs/pt2_03_01.jpg

    で見ることができます。

  • 明治初期に活躍した実在の浮世絵師。

    江戸末期のゴタゴタを経て明治に時代が大きく変るころの状況を、一人の元御家人の目を通して描いている。

    もちろん小説だから、少ない手掛かりを元に想像を想いっきり膨らまして書いているのだが、小説そのものより、当時の雰囲気が伝わってきて、そこが面白い。

    作者の江戸への心情的な想い入れは生半可なものでないことが伝わってくる。

    当時の町並みや風俗など良く研究している。

    情景描写や心理描写は通り一遍で、小説家としての力量はあまり感じられない。

    だがその分、しつこく書かれていないので、却って好感が持てる。

    文章に自信のある人って、文章がしつこいでしょ?

  • 直木賞受賞作品、とにかく丁寧に描かれている。
    江戸時代が崩壊し明治に移るときの、人々の様子が丁寧に
    描かれている。主人公、光線画家「清親」の誠実な人間性が清々しい

  • 苦労して手に入れただけのことはあった。
    幕末から明治へ・・・私の一番好きな時代だ、
    江戸の町々の描写も、そこに生きる人たちも生き生きと描かれている。
    この人のシリーズもの「信太郎人情始末帖」も面白かったが、この「東京新大橋雨中図」は背景も違い今までに読んだものを上回る素晴しさだった。

  • 直木賞 6版

  • 表紙がかなり気に入って読んでみました!
    1988年の作品だったと知ってびっくりです。

  • 人を育てるのに大切なことは、懐の深さかもしれないなぁ義理人情を重んじるということはとても美しいことだ。幸せになってよかったね!

全13件中 1 - 10件を表示

杉本章子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京新大橋雨中図を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京新大橋雨中図の作品紹介

文明開化の光と影を描いて一世を風靡した"光線画"の異才・小林清親-その苦闘の軌跡と幕末から明治の激動に翻弄される人々の哀歓を浮き彫りにする渾身の長篇力作。

東京新大橋雨中図の文庫

ツイートする