新選組密偵・山崎烝

  • 40人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (4)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 島津隆子
  • 新人物往来社 (1997年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404024695

新選組密偵・山崎烝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山崎主人公の稀有な小説、ということで読み始めたが、はて??冒頭数ページからしてすでにこれは山崎ではない、と確信する。上方出身なのに、江戸弁をしゃべる山崎ってあまりにも違和感がありすぎる。作中でもこの辺について、山崎の奥さんの琴尾さんによる説明などあったりするのだが、にしてもちょっと無理……。

    それに奥さんが「ジョー」と呼んだりするんですよ。どこの国のお人やねん。1997年刊なのに、妙に古色蒼然とした感じがあるのもいただけない。

  • 奥さんの山崎の呼び方が気になってページを捲る手が止まってしまっている

  • この山崎さんは全然美化されてなくて生真面目な等身大のおっさんな感じがとっても良い。なぜか斎藤一が隠密の先輩なんだけどそんなところもたのしく読めました。周りの新撰組の人たちがあんまり出しゃばらず山崎蒸の物語ですっていう作り方をしているから色々初めて知ることも多かったような気がする。

  • 読み応えのある一冊でした。山崎さんかっけぇ!

  • 小説自体の面白さは?ですが、やはり山崎が主人公という珍しさ、目の付け所に一票です。奥さん持ちのとても真面目な隠密さん。池田屋の辺りをあっさり流されたのが、ちょっと残念でした。どの辺りまでが史実なんでしょう?

  • 他には絶対無いであろう、新撰組の山崎丞の話。
    ずっと欲しくて探しまくった本。

  • 山崎がいいおとこだよ・!

全10件中 1 - 10件を表示

島津隆子の作品

新選組密偵・山崎烝の文庫

ツイートする