箱館戦争銘々伝 下

  • 19人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 好川 之範  近江 幸雄 
  • 新人物往来社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404034724

箱館戦争銘々伝 下の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 箱館戦争の後、北海道に居を構えたり仕事したりする旧幕府側の人が意外に多くてびっくりした。田村銀之助も北海道に住んでいたとは知らなんだ。
    貴重な写真もあって面白かった。

  • 表紙の錦絵、タロさん(松平太郎←蝦夷政権の副総裁)のところをブチ切っているのが悲しい。そして、上下巻あって、タロさんの項目がない。副総裁の扱いに、胸が痛んだ…。

  • 図書館から借りてきた。
    荒井郁之助、沢太郎左衛門等気になった人物を拾い読み。

  • 流石に全員は無理だったか・・・。下は土方歳三・荒井郁之助・伊庭八郎・高松凌雲・ジュール=ブリュネ等を収録。

  • 【収録人物】<br>
    土方歳三・荒井郁之助・市村鉄之助・伊庭八郎・大塚霍之丞・大鳥圭介・岡田善治・斎藤順三郎・佐野専左衛門・沢太郎左衛門・ジュール=ブリュネ・杉浦誠・煤孫金次・諏訪常吉・高松凌雲・田村銀之助・永井蠖伸斎・牧野数江・三好胖・村橋久成・森常吉

全5件中 1 - 5件を表示

箱館戦争銘々伝 下に関連するまとめ

箱館戦争銘々伝 下の作品紹介

戊辰戦争を最後まで戦い銃弾に斃れた戦士たち。土方歳三、三好畔、永井蠖蠖伸斎ほか21人。

箱館戦争銘々伝 下はこんな本です

ツイートする