日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本

  • 39人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 新人物往来社 
  • 新人物往来社 (2009年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404037596

日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結構端折っている箇所や、だからどうした的な部分もありますが、全体的にコンパクトにまとまっているのでいろいろと便利な本。

全1件中 1 - 1件を表示

日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本を本棚に「積読」で登録しているひと

日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本の作品紹介

日本の歴史にとって官位とはなんだったのか?この国の形は聖徳太子によってほぼ形を整える。その際に導入されたのが冠位十二階である。以後、大化の改新から律令制さらに武家政権と変わっていくが、太子以来の位階と官職という制度は千年以上続いてきた。この日本史を貫く一本の線、"官位"をより深く知るための本。これであなたも歴史の達人。

日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本はこんな本です

ツイートする