よくわかる古代日本の全体像

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 木下正史
  • 新人物往来社 (2011年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404039095

よくわかる古代日本の全体像の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつ頃から日本列島に人類が定住し始めたのか、から始まり、大宝律令制定の701年までの流れを、考古学をメインに、文献とも照らし合わせながら、日本という“国家”の初段階が、どのような流れで出来上がっていったのかをわかりやすくまとめてある入門編。『“歴史”いう物の性質』にも触れている、なかなかの良書〜。自説を語る際の「私はこう思っています」という点を明確にしながらの語り口が好感。701年で話(講義)を終わらせたところには納得の胸熱…。やや、そこもうちょっと掘り下げて〜!という点もあったけど、入門編としては充分。

  • 考古学そのものよりも、米と日本人の関わりについて興味がありまして。それでいろいろ調べているうちに辿り着いた本です。

    そういう意味でもいろいろな情報を得ることができました。また古代史の解釈についても示唆に富んだものが多く、平易ながらスリリングな興奮を味わいながら読むことができました。

  • んー古代検定とか受ける時の参考に丁度いいのかなという感じ。わくわくとか楽しい♪っていう感じはないなぁ。

  • 旧石器、縄文、弥生、古墳、藤原京時代を通して解説した本。全219ページにまとめ、テキスト的にならず、著者の見解も盛りこんである。学者の言葉でなく、おそらくは・・・などと推測見解も多々あり。
    平易さが途中で積読にさせなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

木下正史の作品

よくわかる古代日本の全体像はこんな本です

ツイートする