総図解 よくわかる世界の紛争・内乱

  • 28人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 関真興
  • 新人物往来社 (2010年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404039101

総図解 よくわかる世界の紛争・内乱の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • graph

  • 社会主義体制は資本主値社会の矛盾を徹底的に分析しながら生み出された。そして徹底的に議論して完成されたものだから誤りがあるはずはないという結論になる。
    戦後も世界中で紛争、内乱が絶えないことがわかる。

  •  分かりやすい入門書すぎて、論文には使用できなかった罠。
    できれば、イスラーム方面に特化した紛争・事件を事細かく見たかったけど、この本は有名どころしか触れてない。

  • 大学入試予備校の駿台の元講師が書いた本。世界の近代史について淡々と書かれているとともに、近代史にありがちなベトナム戦争、朝鮮戦争、などメジャーなものだけではなく、比較的マイナーな出来事(と言ってもその年年では重大事件に入るようなものばかりだが)にも焦点があてられており、特に偏った主張もなく書かれているところが評価できた。

全4件中 1 - 4件を表示

関真興の作品

総図解 よくわかる世界の紛争・内乱の作品紹介

写真とイラストで歴史の流れと人物・事件が一気に読める。

総図解 よくわかる世界の紛争・内乱はこんな本です

ツイートする