ドレの絵で読むドン・キホーテ

  • 37人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : ヴィルジリ 妙子  ヴィルジリ・クリスティーナ 幸子 
  • 新人物往来社 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404039798

ドレの絵で読むドン・キホーテの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P141まで読んで今回は終了にしました。
    ネット上でドン・キホーテのあらすじを読んだら、ここまではこれで十分だったな…と思ってしまった。

    この本では深い部分が省略されているような気がしました。

    ネットのあらすじで、この章はとても重要だとか書かれていて、そこを何度も読んだけど重要さがわからず、たぶん省略されてるな~と思ったわけでありました。

    単なる滑稽本?と評される所以はこのような本からかな?
    省略されてない本も読んでみたいけど長そうなので…まいっか~。。時代が違うからね、ということで。

  • ドン・キホーテとサンチョの狂気の物語の中に垣間見える彼らの騎士道精神や生きる哲学が心に染み渡る

    ドン・キホーテはひたすら騎士道の理想をサンチョは日常に生きることの喜びを 相反する考えなのにどこかで二人は分かり合えている なんとも奇妙な関係である

  • 聖書の次に多くの言語に翻訳された出版物らしいですが、今まで読んだことなかった。ドン・キホーテもサンチョ・パンサもどっちかいうと地元のテーマパークのマスコットキャラクターってイメージで(^^;;ドタバタ喜劇でありながら時々ハッとさせられる含蓄のある台詞が出てくる、やはり名作。

  • 対オスマントルコとのレパントの海戦に従軍したセルバンテス不朽の名作が、ギュスタ-ブ・ドレの名画で甦る。

  • 「思い込む者は幸いなり」

    17世紀スペイン。ラ・マンチャ地方のとある村。時代遅れの騎士道物語を読み耽った挙句、自らを遍歴の騎士と思い込んだドン・キホーテは、鎧兜に身を包みやせ馬ロシナンテに跨って、旅に出る決意をする。同じ村のサンチョ・パンサを従者として、ドン・キホーテの奇想天外な冒険の数々が始まる。

    回る風車を巨人と思い込んで突撃する変わり者。バレエ「ドン・キホーテ」ではキトリとバジルの恋物語の狂言回し。はたまたディスカウント量販店の店名か…って違うか。断片的にしか知らない「ドン・キホーテ」の全貌を知りたいと本書を手にした。

    かなりいい感じだ。本書は正確には原書の完訳ではなく、ドン・キホーテの楽しい冒険譚の部分に重点を置いた物語。したがって彼の旅立ちから帰郷して最期を迎えるまでのうち、作品のテイストを伝えていると思われたり、特に世に知られたエピソードの部分をつないで構成されている。

    しかもタイトルに「ドレの絵で読む」とあるように、19世紀のフランスの画家・ギュスターヴ・ドレの挿絵がふんだんに使われており、表紙の装丁に見られるような銅版画風の挿絵が、中世の騎士物語に入れ込んだドン・キホーテの半ば妄想ともいえる世界観をあますところなく表現していて素晴らしい。

    素晴らしいといえば、この作品の主人公・ドン・キホーテと従者のサンチョ・パンサの名コンビ。長身で神経質そうな痩せの大男ドン・キ(…ってやっぱり量販店がちらつくね)とちびで太っちょのサンチョのキャラクターがまことに魅力的にコラボレートしている。

    何はさておき、ドン・キのあっぱれな思い込みっぷりである。「ドン・キホーテ」という騎士としての名前もなんと8日間考え抜いて決めたらしい。騎士には生涯の忠誠をささげる姫が必要と近くの村の田舎娘に勝手にドゥルシネア姫と名をつけたり。あと遍歴の騎士と大音声で名乗るわりには何かにつけてよく倒れる。倒れっぱなしで起き上がれなかったり。ずるずる運ばれたり。

    善良だが少々頭の弱いサンチョは、ついてくるなら勝ち取った王国の王にしてやると、私に言わせれば、半ばドン・キにだまされて旅に連れ出されたようなものなのだが、彼にすっかり心酔しつつもこれがまた妙に現実的な部分も持っていてドン・キにいいツッコミをいれるんだよね。

    「旦那さま。何を言いなさるかね。あそこにいるのは巨人なんかじゃねえだよ。ただの風車ですだ。あれは腕ではなく、風車の翼だがね。」

    サンチョの言葉に耳もかさず、風車に突撃したドン・キはその翼に跳ね飛ばされ、ああやっぱり、倒れてる。
    行く先々でその思い込みっぷりは炸裂し、とにかくその奇想天外なエピソードには驚かされっぱなし。ドン・キホーテの留守宅に残された姪と家政婦は「ウソで塗り固められた騎士道物語の作者を地獄行きにしてほしいと神に祈った。」というのだが、こんな世帯主を抱えた家族の気持ち、わからんでもない…。

  • どれどれ、
    ふむふむ。

    メリット:
    一冊で全体像を見わたせ、一気に読める。
    ドレの絵が読者の想像を刺激する。
    訳文平易。

    デメリット:
    縮約版なので、長い物語としての楽しさがなく、とくに読後感に差。
    ソフトカバーとしては少々大きく、手に持って読みにくい。

    とあるジュンク堂を歩いていたら、表紙を向けたこの本がさりげなくアピール。『ドン・キホーテ』は、やはり名作。人生について考えるときのよき相談相手。とりあえずおつかれサンチョ。

    どれどれ、
    まずまず。

  • 和図書 963/D87
    資料ID 2011100973

全8件中 1 - 8件を表示

ドレの絵で読むドン・キホーテに関連するまとめ

ドレの絵で読むドン・キホーテを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドレの絵で読むドン・キホーテを本棚に「積読」で登録しているひと

ドレの絵で読むドン・キホーテはこんな本です

ドレの絵で読むドン・キホーテのKindle版

ツイートする