千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

  • 49人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : 森田 保 
  • 新人物往来社 (2011年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404040794

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 意外に知っていることが少なかった千葉県の歴史や伝承。千葉県に住む身としては実際に訪れてみたい場所が多かった。執筆者は殆どが県内各市の文化財審議委員経験を持つ学識経験者。なのだが、一つのテーマに割ける紙数が足りないせいか説明不足感が否めない。特に「七天皇塚の祟り」は枝葉の話が多く、個人の感想に終始していてまとまりなし。本文の執筆者は後にも先にもこれだけ……って、原稿依頼したものの文が酷く、一話だけでお断りしたのではないかと穿った見方をしたくなる。

  • 千葉の魅力案内の、コンパクトにまとまった一冊。まとめすぎてて物足りないとか、コトバが難しいよ、とか思ってしまった私は、そこそこ程度の楽しみをいただいた感じ?
    これを読む前に、古い房総の話をまとめた本を読んでいたので、おさらい的な意味で。
    個人的には不思議編が一番面白かったです。あと番外編の、出身有名人(笑

  • まぁ、普通ですな。

  • 海と山,歴史と伝統からプロスポーツまで魅力と不思議がよくわかるトリビアがぎっしり詰まったおもしろ”千葉学”の決定版!~1千葉県ってどんなとこ?・古い千葉と新しい千葉が混在・埼玉県がライバル2歴史一般編・御宿とアカプルコ・風船爆弾発射基地3人物産業編・甘藷先生・伊能忠敬・飯岡助五郎・一茶の旅行費用・上総掘り・干鰯・行徳の御輿作り・4宗教民俗編・コレラ除け成田不動尊・子安講のシンボルはY字型卒塔婆5生物編・御蛇ヶ池のオジャッシー・成田のお化け牛蒡:番外編・房総の不思議伝説~マツコデラックスは犢橋高校卒だった。木村拓哉の後輩だろうか?猫ひろしは市原出身(どうでも良いけど)。1992年に「千葉県の不思議事典」として刊行されたものの焼き直しで,当時70歳前後だった筆者達も80前後。言葉遣いや表現がレトロで面白味がない。千葉の図書館なら買うかも知れないけど,そう売れる本じゃあない。表紙とコラムを新しくしても中身がこれじゃあ・・・。謎が謎らしくないから,それを解くのも,らしくなくて

全4件中 1 - 4件を表示

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)の作品紹介

千葉の魅力の一つは、なんといっても海。伊勢エビからクジラ!まで、海の恵みを堪能できる。釣りやサーフィンのポイントが多いのも、人をひきつける大きな要因といっていい。もちろん海のほかにも誇れるものはある。サッカーなら、柏レイソルとジェフユナイテッド市原・千葉のJリーグ2チーム。プロ野球なら、ファンを大切にすることで知られる千葉ロッテマリーンズが君臨する。新しいものと自然や伝統がうまく共存するのが千葉。そんな千葉へ散歩に出かけませんか。

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)はこんな本です

千葉県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)のKindle版

ツイートする