ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)

  • 33人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 『歴史読本』編集部 
  • 新人物往来社 (2011年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404040848

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔途中まで読んでた本。

    安曇氏、萠。
    安曇氏は、出自は春秋戦国時代の
    呉である。根拠地は志賀の島で海人集団である。
    また奴国はおそらくこの氏である。
    金印授かり後に洛陽までいった使者が
    呉の太伯の末裔であると発言したと後漢書に
    記載されている。

    うーん。あと百済王氏とか。。

全1件中 1 - 1件を表示

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)に関連するまとめ

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)の作品紹介

蘇我氏、物部氏、葛城氏、出雲氏、秦氏…。いまなお未知の部分が多い古代豪族の存在は、古代史ファンのみならず、たくさんの人たちを魅了し続けている。おりしも、有力豪族・葛城氏の拠点であるとされる奈良の秋津遺跡や、朝鮮半島にルーツを持つ百済王氏の住居跡・大阪の禁野本町遺跡などで新たな発見が続き、古代豪族の研究も急速に進展している。さらなる注目が集まりゆく古代豪族について、全国に群雄割拠した彼らを「中央系」、「地方系」、「渡来系」に分類し、全十五氏の発祥から、活躍、その後までを徹底解明。わかりやすい入門編のQ&Aに加え、謎につつまれた古代日本のキーマン、継体天皇・聖徳太子・藤原不比等に関する研究の最前線にも迫る。いま、古代国家誕生の源流・古代豪族の正体は、ここまでわかった。

ここまでわかった! 古代豪族のルーツと末裔たち (新人物往来社文庫)はこんな本です

ツイートする