食品サンプルの作りかた、教えます。

  • 100人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (11)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 今井規雄
  • 新星出版社 (2010年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784405071209

食品サンプルの作りかた、教えます。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウレタン樹脂やシリコンを使う本格的な作り方

  • 食品サンプルは、本物の食品からシリコンの型をとり、その型にウレタン樹脂を流し込んで作る。作るのに必要な材料を揃えるのは、難しくないようだ。

    写真付きで作り方を説明している。リアルなだけに、筆を使って着色しているところなんかは不思議な感じがする。なぜハンバーグに筆を当てるんだ!?という感じ。

    ハンバーグのソースやホットケーキのシロップの光沢なんかも見事に再現している。なるほどこういう風に作っていたのかを感心した。

    定番(?)のナポリタンをフォークで持ち上げているサンプルの作り方がわかったのは面白かった。

  • 全写真付きオールカラーで食品サンプルの作り方を解説してある本です。

    合羽橋ラヴァーズ必見!
    自分で作らない人でもどうやって作られているか気になっている方は楽しいと思います。
    ただし、なんとなくグロテスクな本です。夏の暑い日に読むと食欲が湧かないかもしれません。

  • 食品サンプルの作り方が詳しく丁寧に載ってる!

    パラっと見ると作りたくなる…けど、しっかり読むと、面白いけど手先の器用さが必要なのに気づいて諦める…

    親子丼は半熟具合まで絵の具で調節しててすごい!!

  • 帯文(表紙):"自宅で作れる食品サンプル40種"

    CONTENTS:はじめに、本書の使い方、Part 1 基礎工程編、Part 2 喫茶店編、Part 3 定食屋編、Part 4 居酒屋編、巻末付録 応用テクニック編、著者紹介、ショップリスト、食品サンプル用語集、おわりに

  • 食品サンプルの作り方に興味あって、先日購入。

    和洋中の各料理やデザートの作例がわりと丁寧に写真付きで解説してある。

    ただし制作方法は、いわゆる模型でいうところのフルスクラッチビルドと変わらず。
    使用する道具・材料も、型取り用のシリコンや、ウレタン樹脂(いわゆるレジンキャスト)など、ガレージキット制作とほぼ変わらず。

    一方、模型制作と異なる点は、基本的に料理や食材をそのまま型取りしたり、ウレタン樹脂にあらかじめ塗料を混ぜて着色しておくことが多いことなど。

    型取りした素体がそもそも着色されている場合が多いため、塗装はわりと最小限に留めながら、それでもより本物に近づけるため、必要な部分は念入りに行っている。

    ところで、実は”ごはん”の作り方を知りたくて本書を購入したのだが、他の食材同様、米飯から直接型取りしたサンプルは、何だかめいっぱい器に詰め込んだように、米の粒が潰れた感じの出来に見受けれ、そこがちょっと残念なところ。

    まぁ、自ら食品サンプルを作ってみなくても、制作の過程や方法を見ることができ、なかなか楽しい一冊だった。

  • 食品サンプルとフェイクスイーツとの違いはリアルかリアルでないか。とにかくリアルさを追求していて、本当に芸術作品。一見の価値あり。
    道具や材料、作り方やポイント、コラムなど。餃子の焦げあと、輪切りのピーマン、うな重の照り、パサついたビスケット。一番好きなのはやはりホットケーキ!

  • 接地面が平らな食品サンプルの作り方は書いてありますが、
    球体とか両面見せなきゃいけないものの型取りの仕方が
    載ってなかったのが残念です。なんとか工夫して出来ましたけど。。

  • なかなか面白い。

  • マカロン♪

全16件中 1 - 10件を表示

今井規雄の作品

食品サンプルの作りかた、教えます。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

食品サンプルの作りかた、教えます。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食品サンプルの作りかた、教えます。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食品サンプルの作りかた、教えます。を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする