アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

  • 546人登録
  • 4.34評価
    • (80)
    • (50)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : 和田文緒
  • 新星出版社 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784405091658

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アロマの本は古い本を何冊か持っているだけで最近はほとんど購入していなかったのですが、
    見易くてきれい、コンパクトなのに情報量も多く、よみものとしても面白いので満足しています。
    精油の紹介は53種とそんな多くはないですが普段使うような精油でしたら充分かと思います。もっと多種類の精油を使いこなす方はきっとほかの本もお持ちでしょう。ローズマリーなどはケモタイプ別に3種も載っていたりするので、よく使うものに詳しいのはライトユーザーにとって有難いかもと思いました。
    芳香の主成分や作用、注意点、さらに価格の目安なども記載されています。

    ほかにもアロマセラピーの歴史から精油の抽出法、人体への吸収と排泄、実践としてマッサージやクラフトづくりの道具のこと、注意事項まで一通り載っているのでふだん手に取りやすいところに置いておくのにぴったりの、まさに教科書的な一冊。

  • 一滴の精油がもつ力は、とてもパワフル。その力を引き出し活用するアロマテラピーの基礎知識を、美しい写真とイラストを使って紹介。トリートメントの手技やアロマクラフトの作り方、症状別セルフケアも詳細に解説する。

  • アロマセラピー1級はとったものの、この頃気持ちに余裕がなくて、活かせていないなあ~
    たまには、こういう本を読み、またアロマを生活にとりいれたい!
    そう思わせてくれる本です。

  • 嗅覚の可能性を知りたいです。

  • 数は絞られるが必要十分で検定にも使える感じ。
    一冊残しておきたい本。

  • 入門にはとてもいい書物です。
    また入門だけでなく、プロとなった今でもたまに活用している書です。
    まずが1冊だけと思うのならばこれがいいかと思います。

  • アロマテラピーの知識が少しほしくなり購入しました。他の本を見ていないので比較はできませんがカラーで解説も分かりやすいです。日常生活への応用が沢山記載されています。アロマライフを楽しみたいです。

  • クラフト制作の参考にしています。

  • アロマの基本的な情報を自分でも読み返したり、この本を使ってアロマの効能を伝えたりできる。

  • 帯文(表紙):"写真で解説!トリートメントの手技&アロマクラフト" "自分の1本が選べる!53の精油&19のキャリアオイルの詳細ガイド" "レシピ充実!症状別セルフケアガイド"

    Contents:はじめに、AROMATHERAPY for Everyone! PART 1 アロマテラピーの基礎知識、PART 2 アロマテラピー セルフケア基本ガイド、PART 3 精油・キャリアオイルガイド、PART 4 セルフケア症状別ガイド、日本のアロマテラピーの現状と展望、おわりに、索引、参考文献

全56件中 1 - 10件を表示

和田文緒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飯島奈美
宮部 みゆき
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!を本棚に「積読」で登録しているひと

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!はこんな本です

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!のKindle版

ツイートする