個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!

  • 55人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 関根俊輔
  • 新星出版社 (2012年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784405102149

個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家族にも給与支払えば会社の方がトク(p38)
    給与所得控除と所得税率に関係してくる
    収入多い人ほど税金は高くなるから
    総所得を折半した方がいい

    収入800万の場合
    個人 800万に対し税金215万
    会社+個人 800万に対し税金134万
    膾炙+社長+奥様  800万に対し税金83万



    不動産売買するなら会社の方がトク(p54)
    個人の場合
    事業所得(本業)と譲渡所得(不動産)
    分離課税になり
    本業が赤字だろうが税金が20パーセント課税される

    会社の場合は合算される



    マイホームは個人で買った方がトク
    個人の方が住宅ローンの金利が安い

    会社が社宅とする場合、
    最長で15-20年の借り入れしかできず
    毎月の返済が大変


    交際費は個人がトク (p64)
    会社は600万まで
    10パーセントは適正な支出かどうかに関係なく経費として認められない


    住居の経費化は会社がトク (p66)
    会社が住居を借り上げて
    社宅として取り扱うことによって家賃住居部分を
    50パーセント経費化することができる

    家賃18万だとする場合
    事務所として 18万×(20平米÷120平米)=3万
    社宅として (18-3)×50パーセント=75000円
     3万+75000円=105000円経費にできる

  • 冒頭のチェックポイントから始まって、個人事業と株式会社のどちらがどのように有利不利か、分かりやすくまとまっている。1トピックのページ数も少ないので、知りたいことを簡潔に知ることができる。また、前半には、事業計画書の作成や事業を始めるにあたっての心構えも書いてあり、導入としてよかった。なお、2012年の出版のようだが、私が購入したものでは、2014年の法令に準拠しているとの記述があった。

  • 法人化は確かにかっこいいが、それ以上に面倒なこともある。結局年収500万円以上毎年稼げるようなったら改めて手に取りたい1冊。

  • 84

  • 請求記号:335/Sek
    資料ID:50067369
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • とりあえず、届出関係がたくさんあって、割と面倒だ、という事がわかりやすく記載

全6件中 1 - 6件を表示

関根俊輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
藤田 晋
佐々木 圭一
トルステン・ハー...
デイル ドーテン
リー・コールドウ...
竹内 謙礼 青木...
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!を本棚に「積読」で登録しているひと

個人事業と株式会社のメリット・デメリットがぜんぶわかる本―独立するならどっちがお得?!はこんな本です

ツイートする