トライフル・トライアングル

  • 18人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 岡田依世子
制作 : うめだ ゆみ 
  • 新日本出版社 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406051644

トライフル・トライアングルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★★★☆☆
    健はビーズ細工が趣味の男の子、双子の愛は空手が得意な活発な少女。
    二人の住むマンションに静さんがステキなコーヒーショップを開く。
    コーヒーにも詳しくなれそう





    以下、ネタバレ
    性同一性障害に性的役割(男らしさ、女らしさ)をからめていて、小学生にわかりやすく考えてもらえそうだ。
    カミングアウトした静さんに、愛ちゃんがなつき、健くんが距離をとったのが意外だったなあとおもしろかった。
    このご時世でも性同一性障害で住民を追い出すとかあるのかしら??という1点をのぞき、大団円も小学生向けに良かったと思う。
    (まっきー)

  • これも、子供向けとは言っても、教育的な本でした。

  • 双子の健と愛。健は男の子だけど大人しくてきれい好きでビーズ手芸が好き。愛は女の子だけど、あけっぴろげで柔道が好きで快活。二人の住むマンション1階が喫茶店になった。美味しいコーヒーが自慢の素敵なお店。マスターは背が高くて、かっこいい女の人・静さん。
    健と愛は静さんと仲良くなる。そして、静さんは性同一障がいで、手術して女性になった人だと知る。
    男らしさ、女らしさを考える話。

  • 請求記号【913 オ】5年生くらいから

  • いまどきのテーマですね。
    「性同一性障害」で、性転換をした女性、静さんが登場します。
    主人公は双子の男の子と女の子。
    男の子はビーズ作りが好きな大人しい性格で、女の子は空手の得意な活発な性格。
    二人の衝突と、静さんとの関係、周囲の大人の偏見等、
    壁を乗り越えようとがんばる二人の成長していく様子が描かれています。
    読後感良かったです。

    あと、「フェア・トレード」も出てきます。
    物語からいまどきの社会問題を知ることってできるんだね。
    新しい作品ならではです。

全5件中 1 - 5件を表示

岡田依世子の作品

トライフル・トライアングルの作品紹介

双子の健と愛。柔道教室に通う愛は、ビーズ織り大好きの健を、からかい半分にこう呼ぶ-「オカマ」。

トライフル・トライアングルはこんな本です

ツイートする