新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌へ

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 二宮厚美
  • 新日本出版社 (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406052276

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新自由主義への断罪の書である。新自由主義を徹底して批判し、同時にその新自由主義経済政策によって生み出された「格差と貧困」を強く批判し、経済のグローバル化の下で起こった危機を時系列的に系統的に明らかにしている。はっきりと言い切った明確な主張は、おそらく「最左派」ではないか。おもわず本書は経済学の書なのか、それとも社会学の本なのかとの感想をもった。すごい本である。
     本書では、現在も進行中の「100年に一度の経済危機」がどのようにしておこったのかを詳細に分析し、経済危機が新自由主義によって呼びおこされたと主張する。また、格差社会の問題も取り上げられている。増大する日本社会の「格差と貧困」は、経済のグローバル化と大企業の多国籍企業化のなかで、新自由主義レジームの経済政策によって必然的に生み出されたというのだ。その内容は専門的ではあるが強い説得力がある。 
     ここまで徹底した専門的な新自由主義への体系的な批判に対して、素人は言葉が出てこない。ただ息を飲んで見つめるだけだ。しかし現実社会においては、未だに世界経済は変調をきたしているし、本書は2009年2月の発行であるが、その内容と指摘は、2011年10月現在でもいささかも古さを感じさせないものである。とにかく、すごい本であると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

二宮厚美の作品

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌へを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌への作品紹介

新自由主義の延命を断つ国民的決着の方向を究明・整理した力作。

新自由主義の破局と決着―格差社会から21世紀恐慌へはこんな本です

ツイートする