ぼくが一番望むこと

  • 51人登録
  • 4.28評価
    • (7)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : クリス・K. スーンピート  Marie Bradby  Chris K. Soentpiet  斉藤 規 
  • 新日本出版社 (2010年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406053341

ぼくが一番望むことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「お腹がすいても字を読みたい!」と黒人の主人公は強い気持ちを持ち続け、苦境にたちながらも自分の目標に向けて突き進む。ブッカー・T・ワトソンの少年時代を描いた清々しい絵本。

  • 奴隷制度があった頃の黒人の子供の話。

  • 文字を読めることが、これほど人に希望を与えてくれるのか、と感じました。
    日本で暮らしていると、文字を読めるのが当たり前に思えるけれど、これは時間と場所が確保され、教育を受けてきたゆえのこと。
    僕らにとって当たり前のことが、当たり前ではない世界がまだまだある。
    文字を扱えることがもたらしてくれる希望や可能性を大切にしたいものです。

  • 奴隷解放後のアメリカで、まだ生活が苦しくても学校にも行けない9歳の少年ブッカーが、文字を習いたいという強い思いを抱き、その糸口を掴むお話。感動しました。力強く繊細な絵も美しいです。4年生の読み聞かせに…と思って借りてみたけど、ちょっと夜のシーンは遠くからは見えづらいかなという懸念あり。でもそれより、内容が高学年向きのような気がしたという理由のほうで今回は断念しました。いつかは紹介本でもよいから持っていきたいです。

  • 文字が読めない少年の学ぶことに対する熱い想いにとてもじーんときました。

  •  アメリカの黒人教育家、ブッカー・T・ワシントンの少年期。食べ物より何より、少年が一番望んだことは、文字を学び本を読めるようになることだった…。

  • 黒人の少年ブッカーは文字を知らないが、本への憧れを強く持っている。
    あるとき、新聞を読み聞かせる黒人男性を見かけその思いはさらに深くなっていった。
    母からのプレゼントで初めて本を手に入れたブッカーは・・・。

    黒人教育家ブッカー・T・ワシントンの幼少期を描いた絵本。

  • なんて美しい絵なのでしょう。黒人の少年の、希望を叶えようとする瞳・姿が、とても力強く描かれています。
    字が読みたい、本が読みたい、尊敬される人になりたい。今の日本の子どもたちだったら、いやでも学校に行って字を習い本を読み、まずこういう望みを持つことはないでしょう。こんな時代もあって、そして今なお学ぶことが困難な子どもたちがいること、あらためて考えてみます。

  • 2010/10/05 6-1

  • アメリカの黒人教育家、ブッカー・T・ワシントンの子供の頃を描いた絵本。
    繊細な絵がとても印象的だ。

    ブッカーは父親と兄に連れられて塩山に行く。
    重く固い塩を樽に詰める仕事をするためだ。
    塩は尖っているので手足を傷つける。
    9歳の子供にはつらい仕事だ。

    ブッカーは文字を読みたかった。
    家族は誰も文字が読めなかったが、それでも彼だけは文字に対して
    とても強い興味があった。

    「ぼくは勉強して、みんなから尊敬される人になりたい。そして
    子どもたちに字をおしえるんだ。」

    彼のこの思いは、「黒人のための教育の場所」をつくることへの第一歩になったに違いない。
    また、そういう伝記的な読み方をしなくとも、
    自分と同じ年頃の子供がどんなことをしてどんなことを考えていたのか
    それを思うだけでも意味があると思う。

    暗い藍色の夜空の下、カンテラやろうそくの灯りで字を読む。
    そんなシーンは、文字への渇望が強く伝わってくるようである。

全12件中 1 - 10件を表示

ぼくが一番望むことを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくが一番望むことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくが一番望むことを本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくが一番望むことの作品紹介

ぼくは、朝暗いうちから仕事に出かける。朝食ぬきでお腹がなっている。でも、ぼくの望みは朝食ではない-。黒人教育家ブッカー・T・ワシントンの幼少期をえがいた絵本。

ツイートする