ママのとしょかん

  • 45人登録
  • 3.92評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : ニッキ デイリー  Cari Best  Niki Daly  藤原 宏之 
  • 新日本出版社 (2011年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406054652

ママのとしょかんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある日リジーはママが働いているとしょかんへ行きます。読み聞かせのお手伝いをしたり、小さな子にお話を選んであげたり、しおりを作ったり・・・。ママと一緒にお仕事をするのって楽しい!そんな一日の物語です。

  • それっぽい内容だったので借りて読む。こうさぎ聞ける。4歳。

  • 資料番号:020225553
    請求記号:E/デイリ

  • 図書館にもっといきたくなった。面白かった。

  • 南アフリカ共和国の公立図書館。リジーは今日、図書館で働くママのお手伝いをします。電車に乗って、ダウンタウンにある図書館。ママが電話をしたり、誰かと話しをしたりしている時はリジーも本を読みます。お話会では、ママが3匹のコブタを読むので、オオカミの役をしてあげました。日付のスタンプを押してあげたり、本探しのお手伝いをしたり、しおりをつくって、ママや図書館の人にプレゼント。リジーも図書館で働くぼくらの仲間だね!ってみんなに言ってもらいました。
    外国の図書館の様子がみられて楽しい。
    あたたかい大人達が、いれかわりたちかわり、小さいリジーの相手をしてあげてるのがほほえましい。

  • 8分9秒。主人公リジーが、おはなしの時間、『3びきのこぶた』でオオカミのまねをする場面の挿し絵で、リジーの背景にオオカミの姿が浮かび上がるところがよかった。おはなし時間の見えない空間が、とても豊かに表現されている。おはなしを聞く子どもの様子も様々です。

  • ・親と子の関係がうまく 描かれている。
    ・親の職場での働きが子どもにわかりやすく描かれている。
    ・作者が図書館司書経験者なので 図書館の仕事の様子がわかりやすく描かれている。

全8件中 1 - 8件を表示

キャリ・ベストの作品

ママのとしょかんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ママのとしょかんの作品紹介

「ママのおしごと、すてきだな!」ママはとしょかんいん。リジーは、はじめて、ママといっしょにおしごとにでかけます-。としょかんのしごとがよくわかる絵本。

ツイートする