フクシマ2011、沈黙の春

  • 27人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 八木澤高明
  • 新日本出版社 (2011年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406055031

フクシマ2011、沈黙の春の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013年3月8日

    <Fukushima 2011, Silent spring>
      
    デザイン/株式会社商業デザインセンター松田珠恵

  • 写真の腕が悪い気がする。福島の悲しみは伝わった。

  • What was my name?

    表紙の犬の、強いメッセージです。

  • 写真を見ていて、原発事故がそこに住んでいたあらゆる人、生き物、自然を台無しにしたか、改めてひしひしと感じました。


    人も犬も猫も、鳥も昆虫も、花も草も微生物も、全ての生きとし生けるものたちは、この星に生かされている。
    その命の根源である水や空気が汚染されれば、勿論生きものは生きることができない。
    生命の存在を脅かす原発の存在。
    (著者の言葉)

全4件中 1 - 4件を表示

八木澤高明の作品

フクシマ2011、沈黙の春はこんな本です

ツイートする