林業少年

  • 90人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (14)
    • (8)
    • (0)
    • (2)
  • 12レビュー
著者 : 堀米薫
制作 : スカイエマ 
  • 新日本出版社 (2013年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406056663

林業少年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 百年杉の売買を通して家業の林業について体感していきます。
    大変だけど林業ってなんてすごいんだって思いました。

  • 山持ちとして代々続く大沢家の長男である5年生の喜樹。祖父、庄蔵はその山で林業を営んでいる。偶然、山の「百年杉」をめぐる取引を目の当たりにした喜樹は、「勝負師」としての祖父の厳しい姿をはじめて知る。跡取りとして百年杉の伐採に立ち会うように言われた喜樹。それに高校生の姉、楓も同行したいと言い出す。林業を嫌う母への手前、英文科を目指していた楓だったが、人知れず山への思いを抱え、進路を悩んでいたのだった…。危険と隣り合わせのうえ、採算も取れない日本の林業の現状もふまえながら、それに従事する人やその家族の姿をさわやかに描いた一冊。

  • 児童書の場合、文章の中に主人公の姿が挿絵として描かれることがしばしばあるけれど、児童書における挿絵の力っていうのは、良くも悪くもとても大きいんじゃないかと思う。表紙や挿絵に描かれる主人公の姿は、当然主人公の姿をそれとして決定づけるから読者が想像力を働かせる余地はなくなるし、同じ理由で物語の持つ色や雰囲気までも左右する。
    そういう意味ではスカイエマさんの絵には物語を魅力的に見せるセンスの良さがあると思う。これはもうほとんど主観の問題なのであって、言ってしまえば好みの問題なのであって、要はスカイエマさんの絵が好きだということだ。

    ただ、こんな風に書いてしまうと、この作品が挿絵や表紙絵のおかげで成り立っているかのように聞こえてしまうかもしれないが、決してそういうことではなく、著者である堀米薫さんにも個人的には馴染みが深い。著作には他に『チョコレートと青い空』があり、この作品は「国際理解」をテーマとするブックトークでも紹介したことがある。『チョコレートと青い空』ではガーナからの留学生とホームステイ先の子供たちの交流が描かれたが、『林業少年』では、山を生業の場として林家の誇りとともに生き続ける祖父と、その家督孫である主人公の少年を軸に、それを取り巻く家族それぞれの屈託が清々しく解消されていく様子が描かれている。

    文量の少ない児童書のこと、登場人物の心情が一般小説のように丁寧に描かれているというわけでは決してないけれど、児童書を読む場合にはこの辺りにこそ読者が想像力を働かせる余地があるのかもしれないなー、なんてことを思ったりもする。

  • 山家の跡取り孫である小学5年生の喜樹が主人公。
    進路、山と生きる林業のくらし、その価値を描く。
    YA向け良作。
    男子にも女子にも。

    作者は自らも秋田で和牛肥育・水稲・林業の専業農家を営む。

  •  喜樹(小5)の家は、相伝山のすそに張り付くように立っている。このあたりでは2番目の山持ち。しかし、林業の仕事はお金にはならないと喜樹の母はよく思っていないようだ。祖父の庄蔵のもとへ、杉の銘木がほしいとお客さんが来た。その木をいよいよ切り倒すことになり、高校生の姉とともにそれを見届けることに…。

  • 小学生の男の子が、家族との関わりの中で、祖父の偉大さや、地味に見えていた林業という仕事の奥深さや素晴らしさをしっていく。今時珍しい家族構成と古い田舎の大きな家が舞台で、話の中で出てくる独特の方言も味わい深く、面白い。

  • 林業という分野を、主人公の喜樹と共に垣間見たような感じです。
    今の林業と、これからの林業への期待。
    林業への取っ掛かりになるかもしれないお話でした。私の場合は少し興味を惹かれました。

    また、農林家の喜樹たち一家のそれぞれの想いも、胸にじーんときました。
    姉の楓が、高三で文系英文科から理系農学へ転身したのには本当びっくりでした。

    これからどのような林業の道が開かれていくのか。
    喜樹たちの未来も楽しみですが、現実の動向も気になる所です。

    そしてなんといっても、スカイエマさんの挿絵が良い感じですね!

  • 林業の漫画って珍しい気がする。

  • 林業で生計を立てるのが難しい時代になり、喜樹の家も祖父の庄蔵が、一人で
    山を守っているのが現状だ。
    小学5年生の喜樹は祖父に期待をかけられているが、自分の中でしっかりとした
    将来像は描けていなかった。

    ある日、百年杉を買い付けに来た男と庄蔵の取引を目にした喜樹は、
    ふだんの庄蔵には見られない迫力に感動した。
    そして百年杉を切り倒す日、喜樹は現場に連れて行ってもらえることになった。

    あまり知ることない林業に、興味がわいてくる一冊です。
    著者は、牛と米と木に関わる専業農家だそうです。

  • 兼業農林家の家族のお話。
    スカイエマさんの挿絵が花を添えてくれている。
    喜樹かわいい!おねえちゃん素敵!ずんだもち食べたい!
    山の中で土や木の匂いを嗅ぎたくなった。
    煙草やめなきゃかー。

全12件中 1 - 10件を表示

堀米薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

林業少年に関連する談話室の質問

林業少年を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

林業少年を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

林業少年を本棚に「積読」で登録しているひと

林業少年の作品紹介

山持ちとして代々続く大沢家の長男・喜樹は、祖父・庄蔵の期待を一身に受けていた。家族から「干物」と陰口をたたかれる庄蔵だが、木材取引の現場では「勝負師」に変身する。百年杉の伐採を見届け、その重量感に圧倒された喜樹は-。山彦と姫神の物語。

ツイートする