少年たちの戦場 (文学のピースウォーク)

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 那須正幹
制作 : はた こうしろう 
  • 新日本出版社 (2016年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406060219

少年たちの戦場 (文学のピースウォーク)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4人の少年の戦争の話

    1その名は無敵幸之進(こうのしん)
    2田上小士郎(たのうえこしろう)の戦争
    3コーリャン畑の夕日
    4仏桑華(ぶっそうげ)咲く島

    11868年戊辰戦争 政府軍愛して従軍した長州の子ども
    21868年戊辰戦争 政府軍に対する二本松藩の子ども 
    3第二次世界大戦末期の満州に渡った満蒙開拓青少年義勇軍の少年
    4第二次世界大戦の沖縄戦


    いずれも少年(こども)がどのように戦争にかかわっていったかが書かれていて興味深いものだった。
    いずれも純粋な気持ちのまま、争いに巻き込まれ、亡くなっていく姿はかなしい。

    さて、子ども自身はどのように読むのだろうか。

  • 簡潔な描写が、淡々と続く。
    感情移入することなく読めるのは、戦場小説としては意外だった。

    悪くはないのだけれど、どこか物足りない。
    児童書なのだし、これで良いのかな。

    戦場にいた少年たちは何をしていたのか。
    それを冷静に知ることができるという点では評価できる。
    那須正幹は読んだことがなかったので、これが狙いなのかどうかは分からなかった。

  • 戊辰戦争で相対する藩で戦った少年二人の話と、第二次世界大戦で満州と沖縄でそれぞれ戦った少年二人の話、計4話。

  • 戦場に赴き武器を持つことになった子どもを主人公にした4つの短編集

    戊辰戦争で政府軍に従軍した長州の子ども
    その戊辰戦争で政府軍に対抗して敗れた二本松藩の子ども
    第二次世界大戦末期の満州に渡った満蒙開拓青少年義勇軍の少年
    沖縄戦で学徒通信兵に徴用された少年

    淡々と描かれる少年と戦争の物語にこめられた那須正幹のメッセージ

    日本児童文学者協会「新しい戦争児童文学委員会」による
    創立70周年記念出版〈文学のピースウォーク〉の一冊

全4件中 1 - 4件を表示

那須正幹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする