運活力 人生のエネルギーをアップする77の方法 (じっぴコンパクト新書)

  • 46人登録
  • 3.58評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 來夢
  • 実業之日本社 (2009年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408107691

運活力 人生のエネルギーをアップする77の方法 (じっぴコンパクト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★4つ

  • 20120408

  • 自分の力や気がどうしても足りなかったり、弱いなと思えるときは、
    何かをよりどころにしたくなる。こういうことを思ったのはここ最近のことだ。
    それまでは、多少は周囲からのアドバイスを多少参考にする程度だった。

    旅行に行く前日に表題の本を読んだ。來夢さんという方の本だ。
    春夏秋冬理論は神田昌典と合作し、本田健が推薦しているので、迷わずアマゾンで購入。
    春夏秋冬理論という言葉は、この本でたくさん出てくるがよくわからなかった。
    読み終えたので以下で調べると、私は夏生まれで春3年目らしい。
    今の境遇は非常に合点がいくようだ。「破壊と創造・捨てるものは捨てる」がキーワード。
    http://www.seasons-net.jp/wss/site.cgi?mode=main&newno=16


    紹介されていて、今活用したい「方法」

    人生は季節と同じように巡るから同じ季節は続かない。
    天災に遭遇したらそこから学ぶべし。

    ありのままを受け入れる。現実は誰のせいでもない。

    人生の「渋滞」には潔くはまったほうがいい。気力・体力の充電期間に。

    マイナスの波長の人に巻き込まれたら、そこから免疫力を得ること。
    次回からは係らないほうがいいと分かる。

    12のステップで自分と向き合う  I...
    am, have, choice, sense, will, analyze, balance, desire,
    experiment, use, solve, believe

    9/8からは前の年をしっかり振り返り、検証とスタートの月とすること。としている。
    丁度、1年前の9~11月は学内外で忙しかったなぁ。
    そうか、年の中に春夏秋冬の区切りがあって、その人ごとに違うのか。

  • 人間は迷い、不安があるからこそ、希望や喜びが生まれてくる。
    自分におこった不幸を他人のせいにしていない。
    自分の価値を知って、それを磨いていく。
    逆境や辛いこと、しんどいこと、すべてはあなたに必要だから起きている。
    どうせ面倒な人生なら幸せ体質で生きた方がよい。
    まず、ありのままを受け入れて、そこから自分なるに自問自答してみる。
    人生はトータルで見たら、ちゃんと帳尻があっている。
    当たり前のことを大切にする。

  • 10NOV2009 借りた
    3SEP2009 6番目/1冊  A

全6件中 1 - 6件を表示

來夢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ロンダ・バーン
神田 昌典
有効な右矢印 無効な右矢印

運活力 人生のエネルギーをアップする77の方法 (じっぴコンパクト新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

運活力 人生のエネルギーをアップする77の方法 (じっぴコンパクト新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

運活力 人生のエネルギーをアップする77の方法 (じっぴコンパクト新書)はこんな本です

ツイートする