完本 乙女の港 (少女の友コレクション)

  • 80人登録
  • 4.50評価
    • (9)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 川端康成
制作 : 中原 淳一 
  • 実業之日本社 (2009年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408107769

完本 乙女の港 (少女の友コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 横浜のミッション・スクールに通う1年生の三千子は、2人の上級生から手紙を貰う。凛として大人びた美しい5年生の洋子、勝ち気な性格でやはり美しい菫の花を愛する4年生の克子。女学校の上級生と下級生が姉妹の様に仲良くなる、エスの関係を描いた小説。三千子は洋子を「お姉様」に選び、洋子と克子は敵対する。軍靴の音の鳴る前の昭和10年代の横浜を背景に、当時の女学校の行事の様子や女学生達の言葉遣い(意地悪を言う時も)がわかって興味深かった。少女が少女らしく生きていた(エスも含めて)、今はもう失われてしまった時代が羨ましい。

  • ちょっとお高いですが、これは多くの人に読んで欲しい物語です。
    文豪・川端康成が実は乙女であったことがわかります。

  • 清い、かわいい、麗しい、はかない、という言葉が思い浮かぶ。とても近くて、遠い昔のミッションスクールでの出来事。私の子供のころには似た雰囲気が残っていた気がする。
    中原淳一の押絵が挟まれ、とても良い雰囲気だ。その時々の場面を盛り上げている。この小説(書籍用に)かかれたもののようだが、旧版に押絵はなかったようだ。雑誌用にかかれたものであるとのこと。
    エスとは?シスターである。洋子5京子4三千子1年生。
    女学校ならではの噂とおせっかい。ご機嫌様の世界。当時で生活レベルは上流の娘達であろう。私生活はよく見えない。女学校での生活は、あるところ自由であるが、これから卒業後は家に入っていくのだろうか。前半の華やかな学校生活から、終盤のクリスマスシーン、贈り物には感動する。
    川端の女の描写は極である。

  • 「少女にこそ一流のものを。」をモットーに掲げた雑誌「少女の友」。この雑誌の黄金時代を飾った文豪川端康成の作品「乙女の港」。
    今はもう影のほとんどなくなってしまった「エス」という関係を中心に、港町の女学校のお話が展開されている。
    「エス」、シスターの頭文字をとったその関係は擬似姉妹関係を上級生と下級生が結ぶんでいること。「マリア様がみてる」での姉妹関係と似たものです。
    新装版にはこの「エス」という関係についての見解、解説がついており、またこの作品が書かれた時代背景についても書かれているので、物語の世界を読後も味わえ、お得な気分になった。また、当時の読者投稿欄も一部掲載されており、当時の少女達の息遣いを感じられる投書から、この作品が連載されたからこそ、「少女の友」は多くの少女達に愛されたのかも知れないと感じました。
    可愛いもの、綺麗なもの、美しいもの、優しいもの…そのようなものがギュッと詰まった作品です。妹獲得をめぐる、静かな戦いや、上級生への憧れのささやき声、そんな少女の時代をそっとのぞいて、心が安らぎました。マリみてが好きな方には特に気に入ってもらえるのではないでしょうか。少しタイムスリップして、学生時代を味わえる作品です。

  • 何度でも読み返して忘れないで居たい少女の心。装丁も中原淳一の素敵なイラストで眺めるのも良し。完全復刻版のほうが雰囲気も楽しめて尚良い。山手へいったばかりで家並みが思い返された。

  • (目次)

    乙女の港
    Ⅰ 花選び
    Ⅱ 牧場と赤屋敷
    Ⅲ 開かぬ門
    Ⅳ 銀色の校門
    Ⅴ 高原
    Ⅵ 秋風
    Ⅶ 新しい家
    Ⅷ 浮雲
    Ⅸ 赤十字
    Ⅹ 船出の春

    薔薇の家

  • 資料番号:011144672
    請求記号:F/カワバ

  • 本屋で見掛けた。少女の友と一緒に欲しい。

全9件中 1 - 9件を表示

川端康成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
倉橋 由美子
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
遠藤 周作
吉屋 信子
有効な右矢印 無効な右矢印

完本 乙女の港 (少女の友コレクション)に関連するまとめ

完本 乙女の港 (少女の友コレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

完本 乙女の港 (少女の友コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

完本 乙女の港 (少女の友コレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする