お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

  • 256人登録
  • 3.58評価
    • (12)
    • (12)
    • (22)
    • (6)
    • (0)
  • 20レビュー
  • 実業之日本社 (2015年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408110998

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書の感想・レビュー・書評

  • 資産1億円を築く教科書 お金持ち入門

    ▼全体summary
    タイトルはだいぶ攻めているが、中身は極めて正統派。お金に対してふわっと不安を持っている人に対して抜群におすすめできる1冊。貯金だけじゃなくて、もっと有効にお金を活用する方法ってあるんじゃないかな〜っていう悩みを解決してくれる。貯蓄、投資、税金、投資信託、保険、不動産、海外投資など様々な分野のプロフェッショナルが各ジャンルの概要と、それに望む上でのマインドセットを書いている。とりあえず、今、元となる資本がなかったとしても、今後5〜10年とかの期間で必ず考えるテーマだと思うので、そういう意味ではお金に疎い社会人には必読の1冊。


    ▼以下メモ

    ・お金を増やすには大きくわけて次の3つの段階がある。
    1)お金を貯めて、元本を増やす時期
    2)まとまったお金で勝負する時期
    3)増やしたお金で安定運用する時期

    ・投資をミスる人がよくする二つの大きな間違い。
    1)大きく伸びている金融資産に興味を持つこと。
    2)リターンが小さい場合、元本を増やしたり、倍率を上げたりしてしまうこと。

    ・土井さん的な目安で、株などに投資する場合、貯蓄額の2割投資をおすすめしている。
    ・資本主義は、得意なかけ算を見つけられた人が勝ち。
    ・投資に回すのは「あふれたお金」。あくまでも貯金の延長線上で対応すべき。

    ・3つの財布(口座)を用意する
    1)使う=生活費
    2)貯める=何かあったときに備えた貯金
    3)増やす=投資

    ・お金を何のために使うのかを考えるのが重要
    1)自分のためなのか
    2)生活するためなのか
    3)浪費なのか

    ・支出の黄金比率
    「消費70%、浪費5%、投資25%」。投資は3/5を貯金、2/5を自己投資に回すのがベスト。

    ・使うお金を1週間単位で管理する。
    ・肝心なのは、お金をどう使っているかを意識すること。

    ・長い目でみると株価はシンプル。
    長期的には、本業の儲けを示す営業利益の伸びと株価の推移が一致するのが、絶対的な法則である。

    ・3つの条件を備えた会社は強い
    1)収益構造がシンプル
    2)ライバルが少ない
    3)事業環境も大きく変化しない

    ・数字の見方は最低限の知識でOK
    1)増収なのか、増益なのか
    2)株価収益率(PER)
    3)株価純資産倍率(PBR)
    3)自己資本利益率(ROE)

    ・始めて株式投資を行う際の原則は、小さく、ゆっくり、長く。
    ・投資の基本はあなた自身。近いもの・わかりやすいものを買う。
    ・リスク分散のため、最低でも3銘柄は購入する。
    ・気にしておきたいのは株価よりも、投資した企業の決算。
    その会社の業績が自分想定したシナリオを沿って推移しているのかを確認することの方が大事。そうした行為自体が投資金額を上回る「学び」になる。
    ・投資信託を買いたいと思ったら、まずは商品特性を知る。
    ・自分自身の資産額や、リスク許容度と照らし合わせながら好みの投資信託を探すこと。
    ・販売手数料が平均3%、信託報酬が平均1.5%として合わせて初年度4.5%程度かかる。
    ・運用報告書はここをチェック
    1)決算期中の運用実績
    2)投資環境
    3)運用概況
    4)今後の運用方針
    5)費用の明細

    ・ファンドに投資する際は、販売会社の担当者に、必ず購入当初と購入後のコストがいくらになるかを確認する。
    ・解約時のコストとして意識しておきたいのが「信託財産留保額」
    ・NISAに向いているのは株式よりも投資信託

    ・不動産を手に入れようと思うなら、いつでも売却可能な物件にすること、銀行が価値を認める物件にすること、賃貸可能な物件にすること。
    ・海外への投資でチャレンジしやすいのは、海外の資産を対象にしたETFなどの投資信託、外貨預金。
    ・金融機関の選び方
    外貨預金を始めるにあたっては、手数料と預金金利の2つをチェッ... 続きを読む

  • 【No.104】「やりたいことはそのままに、頻度を減らすこと。ホテルのランチでも喫茶でも、回数だけ減らして、思いっきり楽しむ」「理想的な割合=消費70%、浪費5%、投資25%」「節約したいなら、質ではなく、頻度を下げる」「教育投資には税金が課せられない。あなたがどんなに賢くなって、お金を生み出せるようになっても、あなたの脳みそには税金はかけられない。だから、ユダヤ人は自分の知恵に投資する。そして次に、人脈に投資する」「まずはいい学校に入ること。それによって、知恵も人脈も質が高まる」

  • FP試験とかぶるけどわかりやすいので、基礎知識を身に付けるにはよい本でした。

  • それぞれの著書を読んだ方がいいかな?

  • よのなかねかおかおかねかなのよ

  • 借りた本ですが

    買いたいぐらい参考になった!

  • たしかに入門書。

    投資から不動産、はては遺産相続対策まで。
    一通り書かれてるのでこれを読んで自分は何がしたいかを決めることができる。

    いろんなお金セミナーをまとめた感じなので自分がどの分野に興味があるのか、できるのかわからない人におススメ。興味を持った分野はこれから自分で勉強しよう。

  • お金持ちになるための方法を紹介する本。それぞれの道の専門家たちが寄り集まって解説してくれている。手段としてはもう少しいろいろあるような気がして少し足りない気がする。
    導入部としての第1章は概念的な部分。読んでてここが一番わくわくして、その後の内容が楽しみになった。残念ながらここでピークを迎えてあとはいまいちになるけど。第1章で語られる考え方はとても大切なことなので、ここだけはちゃんと読んで理解するべき。
    第3章、第4章は株・債券・投資信託等の紙の資産について。こんなに少ない紙面で語れる内容ではないので、他の本に誘導するような方法があってもよかった気がする。
    第6章には不動産の話。不動産投資のことかと思ったら、まず実需として自分が住む家の話から始まる。後半には不動産投資の話も少々。やはり紙面不足。
    そのほか、貯蓄・税金・海外投資・保険・相続の話もある。どのパートについても、多くの紙面を割けないので、どれも中途半端になっている感じがする。そのわりに本は分厚い。語り切れない内容を語ろうとするよりは、もうちょっとそれぞれのパートをもっともっとコンパクトにして、本当に大事な部分だけ説明するようにして、お金持ちになるための手法のカタログのような本にしてもよかったと思う。それぞれの分野で役に立つ本を紹介してくれてもよかった。

  • 書いてあることは割とまっとうなことでした。お金を増やすには、先ず元本を増やす時期、次にまとまったお金で勝負する時期、最後が増やしたお金で安定運用する時期の3段階がある。お金持ちになるためには①年収よりも資産が大事(ポケットにお金を入れてくれるものが資産、お金を奪っていくものが負債。自宅やクルマは資産でなく負債)。②貯めたら一定の範囲内で大胆に勝負をかける。③サラリーマンでも節税できる仕組みを持つ。④リスクのない借金をする。金利の安い今、お金のままにしておくより「将来価値の上がる何か」に変えてしまう。

  • やはり、しっかり投資を考えていかなければならないなと思った。でも、不動産投資はハードルが高い。

  • タイトルと違い一攫千金を狙う本ではない。


    残り1%を見つけるには、こう尋ねればいいのです。
    「お金を増やしたいのですが、手伝ってもらえますか」

  • 読んでいる中で思った事。

    ・30万円を100人に売る or 100円で30万人売る。自分はどっちのタイプ?
    ・投資などを始めるときの資金は、当面使う予定がない貯金などのお金を使う。
    ・事前の勉強が不可欠。

    そう思うと自分の資産形成はどうなのか?

    自分に足りない知識や意識などに気付く事が出来たので勉強にはなったが、自分に落とし込むときの現実味のなさや、上から目線を途中から感じてしまった。

  • お金に関する各分野の専門家が、それぞれの章を書いている。

    一番読みやすかったのは、やはり横山光昭さん。

    後半の方は読めずに返却日が来てしまった。

  • ・ 個人の才覚ではなく、仕組みがよくできているビジネスに投資すれば儲かる、というのが「ビジネス」という資産で成功するポイントです。
    ・ 成功する人は、自分がよく知らないものには投資しないのです。
    ・ 見極めるべきは4点 ①その経営者の夢が多くの人を幸せにしそうかどうか(ビジョン) ②夢の実現過程は現実的かどうか(戦略と実行) ③その経営者よりも人々を幸せにしそうな人はほかにいないか(代替や競合の有無) ④夢が実現した場合、利益はどこまで伸びるのか(これをもとに株価を算定)
    ・ 節約したいなら、質ではなく、頻度を下げる。我慢できるくらい、わくわくするものを買う
    ・ 株式投資の実戦で大事なのは専門知識よりもむしろきれいごとではない実践力「ストリートワイズ」
    ・ ①収益構造がシンプルで、②ライバルも少なく、③事業環境も大きく変化しない 会社は強い
    ・ チャートが右肩上がりでなく、むしろ右肩下がり気味の銘柄を選ぶこと
    ・ 副業による節税効果が大きくなるのは、本人年収で年間1000万程度
    ・ 税理士には節税が得意な税理士とお金を増やすことが得意な税理士がいます
    ・ M&Aは効率の良いエグジット
    ・ 購入時にはできるだけ「マルチニーズ」の物件に絞り込む。複数の人のニーズに対応できる物件
    ・ 保険は要介護2の商品を選ぶこと
    ・ 相続税を節税するための考え方の基本は「評価額を下げる」ことです。
    ・ 自分で稼いだお金や財産は自分の世代で使い切ってしまってください

  • ①年収よりも資産が大事
    ②貯めたら一定の範囲内で大胆に勝負をかける
    ③サラリーマンでも節税できる仕組みを持つ
    ④リスクのない借金をする

  • 金融商品やお金に関することを大まかに把握したくて手に取った。大まかに把握するだけでは無く、具体的にどう行動すべきかもわかり、これから自分自身のお金との付き合い方が変わっていけるように思う。

  • お金のプロによるオムニバム的な本

  • 「「負債」の中には「資産」の顔をしているものがあるから、要注意です。」

    ビジネスブックマラソンのメルマガを配信している土井さんが編集をした本。土井さんのメルマガは本を選ぶ際にとても参考にさせていただいている。もっと薄い本だろうと思ったらけっこう厚かった。

    年収1000万円のサラリーマンが貧乏になってしまうのは、年収600万円時よりも見栄を張ってしまうからだ。手取り収入はあまり変わらないのに、プライドだけ高くなってしまう。

    不動産を買う際の基準も参考になった。そして、エレベーターが必要ない3階が人気なのもわかった。

    いろんな分野を網羅しており、お金の攻め守り方について一冊で学べる良い本だと思う。しかし、1点だけ気になった。第4章のNISAと投資信託の話で、毎月分配型投資信託をすすめている点だ。その話の中でも、再投資に回さず分配金受取がより安心だと説明している点だ。私は年1の分配、さらに言えば配当を一切出さない投資信託がよいと思っている。

全20件中 1 - 20件を表示

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書の作品紹介

何もしなくても、あなたの元にお金を運んでくれるもの。それが「資産」です。本書は、「資産」の作り方を、マネーのプロフェッショナルが総力を結集して教えます。

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書はこんな本です

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書のKindle版

ツイートする