ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変える

  • 144人登録
  • 3.06評価
    • (3)
    • (8)
    • (13)
    • (8)
    • (2)
  • 11レビュー
  • 実業之日本社 (2015年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408111377

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 要は、職場のメンバーが自己開示して、他のメンバーと情報共有できれば、自ずとよい職場になり、成果が導かれる。
    キーワードは、「感情」であると捉えました。
    ただ、言うは易しという感じで、実際にどの様に考え行動すべきか。
    数企業の事例が解説されていましたが、いま一つ自職場に、具体的に適用するためには、まだ思案のしどころの部分があり、難しいなと感じています。
    著者の会社にコンサル頂かないと難しいのかなとも感じました。
    一般論としては、共感できました。

  • 青井さんが読んでいた

    46 仕事といものは、元来つらいものです。自分の心と体を使って、労力を提供するわけですから、心も体も疲れて行くのは当たり前です。

    131 組織力とは、『個人力×つながり力』

    138 就職氷河期からすると、バブル世代の前向きで元気があるのはいいけど、”ソコソコ感”が許せない。給与は自分よりも高いはずなのに、明らかに自分より働かない。
    →全くその通り。

    139 それぞれの世代が、自分の良い面よりも足りない面を指摘され、追い込まれていると感じている

    143 雇用形態の違いは、どこかで心理的な壁をつくります

    ★164 自分が心底、感動すると、これを誰かに伝えたいという衝動が生まれてきます。

    169 人の行動を変えるためには、意識を変える必要があり、意識を変えるには感情を変えることが有効だ

    182 ビジネスは、本業の手段を通じて思いやりを”つなぐ”ことこそビジネスです。

    ★199ワクワクって、どういう意味かな?
    いろんな人とコラボレーションできる
    大きな仕事ができる、いろんな可能性を感じる、など

  • ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変える
    2015/2/28 著:高橋 克徳、 重光 直之

    高橋 克徳氏は㈱ジェイフィール代表取締役社長。野村総合研究所、ワトソンワイアットにて、組織開発、人材開発に関するコンサルティングに一貫して従事。会社設立後、「感情とつながりの再生が、人組織を強くする」と主張し多くの活動に従事している。
    重光 直之氏は㈱ジェイフィール取締役。同社節理と後、H・ミンツバーグ教授との出会いからリフレクション・ラウンドテーブルを日本に導入。

    本当はもっと、楽しく仕事がしたい、仕事にワクワクしたい。
    本当はもっと、上司も同僚も大切な仲間だと思えるようになりたい。
    本当はもっと、自分たちがやっていることに夢と誇りを持ちたい。
    そんな気持ちが、どこかで溢れ出すと、それが大きな力とあって周囲に連鎖反応を起こしていく。
    そんなワクワクする職場をつくるメソッドについて以下の7章により説明している。
    ①あきらめ職場が増えている
    ②私たちは何を見失っているのか
    ③組織を変えるカギはどこにあるのか
    ④関係革新~感情とつながりを再生する
    ⑤仕事革新~働く喜びを取り戻す
    ⑥未来革新~夢や志を持って、未来を拓く

    ワクワクする職場を目指す。
    途方もなく労力も時間を要する。しかし、完璧ではないにしろ少しでもその状態に近づけたい。誰しもがそんな思いを持って業務に取り組んでいるだろう。しかし、一人が思っても変わらない。同じ思いを共有しそして共有するだけではなく、共にそのワクワクする職場に向かって問題を認識し課題を乗り越える必要がある。

    短い時間軸で考えればそれよりは自己の評価があがる、業績があがることにその力と時間を費やしがちである。しかし、誰かがどこかで長い時間軸でこれに取り組む必要がある。そのためには自分を変える必要もあり、人の協力はなくてはならない。それを繰り返すことにより周りが変わり、少しずつ組織が変わる。そうなれば転勤等で職場が変わっても引き続きワクワクした職場での仕事を行うことが出来、文化として根付き企業にとっても大きなプラスとして認識される。

    難しい。難しいが必ず必要なことである。
    気づいていればワクワクする職場に変わるなんてことは絶対にない。
    大きなうねりをもってこの問題に対処しなければ一切変化は訪れない。
    小さなうねりからでも身の回りから起こしていきたい。
    そう思ってこれからは業務に勤しもう。行動に移し継続したい。

  • 言いたいことは分かるけど、具体的な手順、それぞれの立場における行動、などの具体性に欠けていた印象。
    ちょっと辛口だけど、この内容だと星は増やせないですね。

  • 全体的に著者の自社商品のPRが多いが、自社の誰それを勝手に当てはめながら読むと、面白かったです。

  • 初級な本

  • 正直タイトル負け。理論が大半であり、実例は1社のみ。他は架空の会社でこの理論を実践したら見る見る会社が変わりました、という内容なので、中身は軽め。
    再読不要。ちょっと残念な内容でした。
    ジェイフィールという会社からの出版。

  • すごくわかりやすく、今の職場にある問題を書いてある!共感できた!

  • 職場のメンバーの関係改善がポイントと説く。

  • 読了

全11件中 1 - 10件を表示

高橋克徳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ジェームス W....
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるを本棚に登録しているひと

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるの作品紹介

感情と向き合い、関係が変わると、組織が動き出す。「良い感情の連鎖」を起こすことで、人と組織は動き出す。あきらめ感を脱して、未来に希望が持てる「ワクワクする職場」に必ず変われる。

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるはこんな本です

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変えるのKindle版

ツイートする