絶対エリート主義―なぜ、有名中学・高校に入れるべきなのか

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 篠上芳光
  • 実業之日本社 (2004年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408322391

絶対エリート主義―なぜ、有名中学・高校に入れるべきなのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年刊行。タイトルどおりの書で一読すれば十分。著者は塾主宰者。

  • 2010年9月
    川口市立図書館で借りて読みました。

  • エリートになることが全てという趣旨の本ではなく、子どもたちの教育を考えるなら、時には厳しく、時には褒めながらも、何かを学びとらせることの大切さを推しているのである。
    あまり熱心でない親、厳しくできない親は、言葉やエネルギーが足りないだけで、頑張れないことへの言い訳に過ぎない。
    子どもと一緒に、もっと学んでゆかなければとやる気も湧いてくる。
    確かに公立でのケアの足りなさには危惧する点も大いにあり、子どもが本当に一生懸命になれるのであれば、そして経済的に許されるのであれば、受験は成長過程において素晴らしいことではないかと思えた。

全2件中 1 - 2件を表示

篠上芳光の作品

絶対エリート主義―なぜ、有名中学・高校に入れるべきなのかはこんな本です

ツイートする