スポーツから気づく大切なこと。

  • 43人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 中山和義
  • 実業之日本社 (2008年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408451664

スポーツから気づく大切なこと。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 780.14-ナカ 300086972

  • 広島東洋カープが誇ったイケメンに、鈴川さんというトレーナーさんがいらっしゃったのだけど、その方の書かれるブログと似た雰囲気があるなぁと思いながら読みました。

    「スポーツから気付く」とタイトルにあるけれど、正直これはスポーツに限らずとも言える事だよなぁと思うところも、ありました。

    けど、スポーツでも、(私の場合)教育でも、何かに、なりふり構ってられないくらいに打ち込む時って、(語弊はありそうだけど)神様みたいなものがついてくれていて、払っただけの努力に対して、例えば気付きやsense(感覚)や、いろんなものをくれてるんだよなぁということを、しみじみと感じさせてくれた本でした。

    その「何か」が、著者の中山さんにとってはスポーツだったんだろうな。

    とても読みやすい本でした。

  • チェック項目36箇所。
    スポーツは健康以外にも仕事や人間関係の改善、家族の幸せに役立つ。
    目標を達成するとやる気が大きく高まる。
    スポーツをすることでより多くの成功体験ができる。
    自分を愛せる程度しか人を愛せない。
    スポーツで生きていることを実感できる。
    清水選手のエピソード・・・父の想い。
    感謝の心ができる。プレッシャーに強くなる。自分と向き合える。
    試合に勝つ→負けた相手の夢も背負う。
    失敗を乗り越えることで人は大きく成長できる。
    松井選手のエピソード・・・忍耐力。
    決断力が身につく。人をねぎらう。どんなに力があっても人を力で
    動かすことはできない。応援することの大切さ。
    夢は人生を裏切らない。人が夢を裏切る(アボット)
    子供は親の言うとおりにならない。親のするようになる。
    大きな変化は一人の強い思いから(三浦和良)
    自分の役割とその役割に向かって努力できることへの感謝(桑田真澄)
    人は困難にあったとき、生き方を試される。
    努力は人を裏切らない(伏見高校)。

  • 結構期待して読んだせいか、内容が薄かった気がする。書いてあることにはすごく共感できるのだが、もう一歩踏み込んで書いて欲しかった。

  • この本の内容は「運動」と「スポーツ」の違いを述べおり、スポーツをすることによって身に着けることができること力をまとめています。自信・集中力がつくなどの多くの人がイメージしやすいものから、企画力がつくであるとか人をねぎらう力がつくなど、色々なスポーツの良さを分かりやすい言葉で紹介されており、自分はスポーツをやっていたのでまた、何かまた新しいスポーツをやりたくなるし、何かきっかけをくれる本だと思います。

  • この本を読んで、改めてスポーツをやっていてよかったと思いました。スポーツをやっていると大切なことに気づくことがたくさんあります。スポーツには、いろいろな種類のスポーツがあります。団体スポーツで大切なことは、仲間を信じる気持ちだと思います。個人スポーツでは、自分を信じる気持ちが大切だと思います。他にもスポーツを通して大切なことに気づくことがたくさんあると思います。是非みなさんもこの本を読んで大切なことに気づいてください。

  • 私もスポーツをやっています。スポーツからきずくことは本当にたくさんあると思います。感謝の気持ちを忘れないことや、仲間がいること。本当に言い表せないくらいたくさんあるとおもいます。スポーツは人に感動を与えるものです。スポーツを通して人は変わっていきます。この本は私は大好きです。

  • この本はスポーツから気づく大切なことがあるということが書いてある本です。例えば、スポーツをやることで日頃の健康管理の重要性や食事の重要性、毎日の努力の重要性、あきらめないことの大切さなどのスポーツをやることによって気づくことのできることがたくさん書いてあります。この本を読み思ったことは、ほんとにん日常の一日一日を大切に生活することがすごく大事なんだなあと思いました。とても興味深い本でした。皆さんもぜひ読んでみてください。

  • 本書では最初の章で「運動」と「スポーツ」の違いを述べおり、スポーツをすることによって身に着けることができること(力)をまとめています。自信・集中力がつくなどの多くの人がイメージしやすいものから、企画力がつくであるとか人をねぎらう力がつくなど、色々なスポーツの良さを分かりやすい言葉で紹介されており、何かスポーツを始めたくなるような本でした(2008.9.2)

全9件中 1 - 9件を表示

中山和義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
喜多川 泰
ロバート キヨサ...
『夢をつかむイチ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

スポーツから気づく大切なこと。を本棚に「積読」で登録しているひと

スポーツから気づく大切なこと。の作品紹介

はじめて縄跳びができたときのこと、覚えていますか?部活最後の試合が終わって、メンバー全員で涙した日のこと、忘れていませんか?オリンピックの中継を見ていて鳥肌が立ったこと、ありませんか?スポーツは、あなたの身体だけでなく、心も鍛えてくれます。ベストセラー『大切なことに気づく24の物語』の著者が"スポーツがもっている無限の力"について書き下ろす最新作。

スポーツから気づく大切なこと。はこんな本です

ツイートする