すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 関賢太郎
  • 実業之日本社 (2013年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408454771

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今、戦後何度目かの零戦ブームが到来している。この本は映画などを見て「零戦て何?」と気になった人が最初に読むのに、そこそこ適した本と言える。

    同様の入門書は過去にもあったが、本書は21世紀に書かれただけあって、いくつか新しい視点が盛り込まれている。サッチ・ウィーブに対する高い評価や、源田実の人物評などにそれを感じる。

    ただし、急いで書かれたためか、細かいミスが多いのは問題。序文で「である」が「でる」になっている程度ならまだよいが、以下の点は特に早めに改訂した方がいいと思う。

    28ページ。零戦の翼面積22.43m2はスピットファイアやF4F、P-40、隼と同じ程度で、「同世代の戦闘機としてはかなり大きい」は適切ではない。

    73ページ、三菱製と中島製の零戦の比較図が本文と整合していない。濃緑色塗装の場合は両工場製とも日の丸には白フチがあった。

    84ページ、2つあった97艦攻のうち活躍したのは中島製(B5N)。

    上記や誤字などに付箋を貼った箇所は10箇所ほどとなった。

  • 零戦の部分だけは高評価です。巴戦がさほど、多用されていなかったところとか。
    他の部分は、自分で確認した方がいいです。B-29の諸元で気になったのでwikiを見たら同じでした。最大離陸重量になると、英語版と違うんですよね。

  • ゼロ戦入門書。
    それ以上でもそれ以下でもない。
    昔は「丸」とかサンケイ新聞社刊の「第2次世界大戦BOOKS」とか読んでて日本の戦闘機には凄く詳しかったんだけど。久しぶりに知識として読みたくなったら、「永遠のゼロ」の影響なのか本が一杯出ている。
    これが一番読みやすそう。満腹です。

全3件中 1 - 3件を表示

関賢太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)を本棚に登録しているひと

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)の作品紹介

戦後70年が経とうとする今でも、日本のみならず世界中から高い評価を受けている零式艦上戦闘機(零戦)。その人気の理由は、数々の伝説に彩られた戦場における活躍にあると言えよう。第二次大戦の初期に他のライバル機を圧倒していたその性能、それらを最大限に活かした戦術…本書では零戦開発時のエピソードや、設計主任・堀越二郎、撃墜王・坂井三郎ら零戦に関わった人間たちの生き様にもスポットを当てて、歴史的名機の全貌を明らかにする。

すべてがわかる零戦入門 (じっぴコンパクト新書)はこんな本です

ツイートする