世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方

  • 402人登録
  • 3.32評価
    • (11)
    • (39)
    • (42)
    • (19)
    • (3)
  • 43レビュー
著者 : 久世浩司
  • 実業之日本社 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408454948

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ストレスやプレッシャーに負けない強靭でたくましい精神。

    ネガティブな感情にもポジティブな役割を果たすケースがあるのです。

    体験をさまざまに解釈する色眼鏡の存在
    ABCモデル
    A adversity 困ったことが起きたその状況
    B belief その出来事が起きたことの自分への説明
    C consequence 反応としての感情や行い

    自信は科学的に養うことができる
    自信=自己効力感を高めることが、困難な目標に向かって這い上がる筋力であるレジリエンス・マッスルを鍛える一つ目の方法。
    自己効力感を養う4つの方法
    実体験、実際に行い成功体験を持つこと
    お手本、うまくいっている他人の行動を観察すること
    励まし、他者からの説得的な暗示を受けること
    ムード、高揚感を体験すること

    自分の強みを測定可能にする三大ツール
    VIA-IS
    ストレングス・ファインダー
    Realise 2

    コスタリカ・ニコヤ半島、イタリア・サルディーニ島、米カリフォルニア州・ロマリンダ、そして沖縄県の大宜見村。100歳を超えてからも元気でいられる高齢者の秘訣。
    適度な運動を続ける、腹八分で摂取カロリーを抑える、植物性食品を食べる、適度に赤ワインを飲む、はっきりとした目的意識を持つ、人生をスローダウンする、信仰心を持つ、家族を最優先にする、人とつながる

    人の一生には、その後の人生を決める真実の瞬間が数回ある。

    あなたの仕事は、Job or Carrier,Calling?

  • レジリエンスと聞いて、最初はまた流行りのキーワードの一つかなと思っていたが、心理学的にも証明されているプロセスで、単なるポジティブ信仰、精神論ではないとのこと。能力もあり且つ尊厳出来る人のほとんどが、ここでいうレジリエンスを持っているんだなと。

    ・レジリエンスとは、逆境やトラブル、強いストレスに直面したときに適応する精神力と心理的プロセスのこと
    ・行動回避癖のある人は幸せになれない
    ・レジリエンスを鍛える過程では三つの姿勢を重視
    ー現実を直視する
    ー物事をしなやかに柔軟に捉える
    ー合理的な思考を持つ
    ・失敗には予防出来るもの、避けられないもの、知的な失敗に分類出来るが、知的な失敗は歓迎すべき価値ある失敗である
    ・ネガティブな感情の問題は「繰り返すこと」であり、まずはネガティブの悪循環を断ち切ることから始める
    ・断ち切る主な方法としては、運動、呼吸、音楽、筆記の四つ
    ・ネガティブ感情の原因のほとんどは思い込み
    ・自信は科学的に養うことが出来る
    ・仕事で成功するには強みを活かすことにフォーカスする
    ・最も大切な心のサポーターは5人まで

  • 研修などどこかで聞いたことあることが度々でてくる。鍛えられるかはわからないけど、レジリエンスの重要性は理解できる。
    鍛えるのもチャレンジがいるってことだな。

  • メンタル鍛えないと。
    過去の経験にも割と合っていて結構参考になった。

  • 要するに、ポジティブ心理学のことだと思う。
    あんまり得るものはなかったが、やはり「行動回避」はビジネスマンにとって致命的、ということと、逆境の経験を語るには、それを成果として語れなければいけない(得たものを前提にしないと、メッセージがなくなる)ということでしょうか。

    ・私は「行動回避のある人は幸せになれない」と考えます。

    ネガティブ感情を回避するために、
    ①運動系
    ②呼吸系
    ③音楽系
    ④筆記系
    の「気晴らし」をとってすぐに解消する。
    何かに夢中になる「フロー体験」も重要。内容は本人の好きなものであればなんでも。

    ・「怒り」という感情は「権利の侵害」という思い込みが元
    ・「不安」「心配」「怖れ」のネガティブ感情は、「将来の脅威」という思い込みが原因
    ・「恥ずかしさ」の感情は「私は人から賛同をもらえない」と思い込むことが原因
    ・「申し訳ない」という罪悪感は「人の権利を侵害してしまった」という思い込みから発生
    ⇒それらを「追放」「受容」「訓練」の三つで対処する。

    ・「自分ならやればできる!」という自己効力感をもつことが重要。自己効力感は「実体験」「お手本」「励まし」「ムード」で形成。

    ・自分の強みを生かすことが大事。強みを生かすツールの代表として、VIA-IS、ストレングス・ファインダー、Realise 2。

    ・いざというときのサポーターを5人リストアップしておくことがオススメ。

    ・感謝する(感謝日記を書く、お手紙を書く等)

    ・逆境から意味を学ぶため、
    ①被害者でなく、再起した者の立場で物語を形成する、②精神的な落ち込みから抜け出したきっかけは何かを回想する
    ③ゼロの状態からいかにして這い上がってきたのかに着目する
    そして逆境物語を俯瞰して意味を探求することが有効。

  • レジリエンスについて書かれた本。
    あまり目新しい話はない。
    気になる章の参考図書には目をとおしたい。
    自身の考えを強化するのに役立った。

  • レジリエンスマッスルを鍛えよう、というコンセプトはわかる。本当に鍛えられるかどうかは、わからん。

    ■VIA-IS
    http://www.positivepsych.jp/via.html

    ■3種類の仕事感
    ジョブ→キャリア→コーリング

  • 困難や失敗から立ち直る力「レジリエンス」-いろいろ大変な現代社会を生きる中で,実は今いちばん必要とされる力かもしれません。本書で紹介されている「レジリエンス」を鍛える7つの技術。ちょっと気になります・・

  • 読み飛ばした。
    プラス思考を持ち、謙虚な姿勢で感謝を行うこと!

  • 最近注目のレジリエンスについて、いろんな人の物語や関連研究をもとに紹介していく。体系的でわかりやすく、技術としてどう鍛え習得していくか学べた。筆者自身の体験からも共感できることが多く、読んでいて力の湧いてくる一冊だった。

全43件中 1 - 10件を表示

久世浩司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方を本棚に「積読」で登録しているひと

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方の作品紹介

「逆境力」を高める7つの科学的方法!「レジリエンス・トレーニング」の指南書。「無理!」と言わずに一歩踏み出すための技術。

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方はこんな本です

世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方のKindle版

ツイートする