廃道探索 山さ行がねが (じっぴコンパクト文庫)

  • 26人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 平沼義之
  • 実業之日本社 (2016年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408456713

廃道探索 山さ行がねが (じっぴコンパクト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  意図しない廃道歩きは大変だ。廃道だと思わないまま道に突っ込んでみたら廃道だった、というパターンだ。
     思い出すと、秋田県の夜明島渓谷から太平湖に抜ける夜明島林道、長野県の朝日村から木祖村への鉢盛山林道は完全に廃道だった。
     道が崩れ落ち、背丈より高い木が林立し、そういうところに限って棘のある草が生えていて引っかかって痛い。
     そんな道にはクマも闊歩して、出合頭に口と目をひん剝いたクマの驚いた顔を覚えている。

     オブローダー(廃道マニア)にとって最も有名なサイトが「山さ行がねが」通称、山行がである。
     数十年前に離散した村が建設した林道だったり、
     上高地に至る幻のスカイラインだったり、
     南アルプスを走った森林鉄道の長大路線跡だったり、
     華厳の滝を正面に未だ残る渓谷の橋だったり。

     失われた道の記憶をたどる。
     そこに今でも挑戦するアホがいる。
     道は人が通ってこそ道だ。
     道としての機能を呼び起こすオブローダーの生態の一端に触れる。

  • 2016年8月刊。廃線でも廃墟でも酷道でもなく「廃道」探索の探険日記。立入禁止はされていないけど、現在では使われなくなった地図にない道を文献を頼りに歩く。予想以上に面白く、また新しい分野を知ってしまった、と思った。

    日光の華厳の滝の観瀑台には、今は有料エレベーターからしか行けないけど、昔は第一いろは坂を抜けたあたりから、徒歩で滝まで行く道「滝壺道」が存在した。「左 華厳瀧壺」と書かれた古びた道案内の石碑が現在もちゃんと道端に残っているのが驚き。

    文庫だから仕方がないけど写真がカラーだったらもっとよかったな。

  • ウェブサイトのままの「推論」、「実践」、「結論」(机上調査)の順番の方が座りがよいようにも思ふ。でも面白さに変りなし!

  • <目次>
    第1章  加須良林道
    第2章  数坂隧道
    第3章  三郷スカイライン
    第4章  千頭森林鉄道大間川支線
    第5章  束松新道
    第6章  鵲橋
    第7章  鳥越林道
    第8章  武陵洞

    <内容>
    最近ブームの「酷道」シリーズかと思いきや(いやいや「酷道」なんですけどね)、初めから「国道」とは名乗っていないさまざまな「道」を辿る話です。著者は自転車と徒歩でこうした道(多くは「林道」なので結構な山道、時に「酷林道」)を踏破していますが、「国道」ではないので、かなり事前調査しています。そこで今回の本に登場する「道」に歴史を感じ、そこを意識しながら実態調査しています。「道マニア」の方の中には、こうした”感傷的”なレポを嫌われる方のいるでしょうが、私は「ツボ」でした。歴史好き、地図好き、旅好きなので…。ただ体力には自信がないので、読書で済ましてしまいましょう。

全4件中 1 - 4件を表示

平沼義之の作品

廃道探索 山さ行がねが (じっぴコンパクト文庫)はこんな本です

廃道探索 山さ行がねが (じっぴコンパクト文庫)のKindle版

ツイートする