花嫁よ、永遠なれ (ジョイ・ノベルス)

  • 25人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 実業之日本社 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408504278

花嫁よ、永遠なれ (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハネムーン帰りの新婚夫婦が東京駅のホームに降り立つと、刑事に囲まれた。
    夫に逮捕状が出ているという。
    旅行先の温泉地で起きた少女殺害事件の容疑者とのこと。
    寝耳に水の新妻の前で、あろうことか夫は素直に罪を認めた…。
    ひょんなことからその妻と知りあった女子大生・亜由美は、事件の真相を探るべくその温泉地へ。
    裁判ですでに死刑が確定している夫の運命やいかに!?
    (アマゾンより引用)

    花嫁シリーズ、結構面白くて2日くらいでトントン読み進めてしまった(;・д・)
    どのお話も結構面白い

  • (収録作品)花嫁に明日はない/花嫁よ、永遠なれ

  • 赤川次郎って、こんなにつまらなかったっけか。展開に無茶がありすぎだし、登場人物が少なくて謎解きパズルにもなりゃしない。

  • ■0996.
    <読破期間>
    H21/8/3~H21/8/4

    <本の内容>
    ハネムーン帰りの新婚夫婦が東京駅のホームに降り立つと、刑事に囲まれた。夫に逮捕状が出ているという。
    旅行先の温泉地で起きた少女殺害事件の容疑者とのこと。
    寝耳に水の新妻の前で、あろうことか夫は素直に罪を認めた…。
    ひょんなことからその妻と知りあった女子大生・亜由美は、事件の真相を探るべくその温泉地へ。
    裁判ですでに死刑が確定している夫の運命やいかに!?
    表題作ほか、一編収録。

  • 花嫁シリーズ。主人公はやっぱり好かんけど、内容は前に読んだ「血を吸う花嫁」より面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

赤川次郎の作品

花嫁よ、永遠なれ (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

花嫁よ、永遠なれ (ジョイ・ノベルス)の文庫

花嫁よ、永遠なれ (ジョイ・ノベルス)のKindle版

ツイートする