淑女の休日

  • 66人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (10)
    • (21)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 柴田よしき
  • 実業之日本社 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408534015

淑女の休日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性に人気のホテルに「幽霊が出る」との噂が流れ出した。
    本当に幽霊なのか、それとも何者かの営業妨害か?
    私立探偵・鮎村美生は依頼を受け、ホテルへと赴く。
    ところが調査開始直後、幽霊の目撃者が殺されて…。

  • シティホテルに行きたくなる。ミステリとしては強引なような気もするんだけど、ホテル好きのハイソな奥様たちのキャラがいい。

  • 途中で「好きだな~、柴田さんの作品」と再確認しつつ読みました。でも、もっと発展してほしかった美生さんと沙藤さんの関係。

  • まあ、学校の成績がめちゃくちゃよかったり、入試にやたらと強かったりする人間というのは、えてしてどこかおかしいものだが。

    このミステリーは面白かったな。

  • 2010/11/14 ホテル滞在もうらやまし。作中不況といいつつ、まだバブルの余韻を残す時代だなあ。

  • 彼女の名は、美しく生まれる、と書いて美生(みお)という。三十ウン歳、バツイチ独身、私立探偵事務所調査員。完全に名前負けの愛嬌ある顔立ちである。調査内容は、友人であるゆう子が勤めるホテルでおこった幽霊騒動について。ホテルとしては致命傷ともなりかねない噂の出所と真相を解明することである
    ホテルを舞台にした推理ものです。謎ときとしてはそんなに難しいものではなかったですが、ホテルの雰囲気みたいのが伝わってちょっとVIPな気分になりました。面白かったです。

  • <font color="#666666"><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:0;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408534013/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4408534013.09._SCMZZZZZZZ_V1056608270_.jpg" border="0" alt="淑女の休日"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4408534013/yorimichikan-22" target="_blank"> 淑女の休日</a><br>柴田 よしき (2001/05)<br>実業之日本社<br><br><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408534013/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank"> この商品の詳細を見る</a></td></tr></table>
    <blockquote><p><strong>女性に人気のホテルに「幽霊が出る」との噂が流れ出した。本当に幽霊なのか、それとも何者かの営業妨害か? 私立探偵・鮎村美生は依頼を受け、ホテルへと赴く。ところが調査開始直後、幽霊の目撃者が殺されて…。 </strong></p></blockquote>
    週末にレディースプランで夢のようなホテルライフを満喫する女性たち。シティホテルの何が彼女たちをそれほど魅せるのだろうか。という思いから生まれた作品らしく、週末のホテルライフに非日常を求める女性たちが登場する。そして、彼女たちの求めた非日常とはまったく違う意味の非日常である殺人事件がホテルで起こってしまうのである。
    しかも殺人は、元々 幽霊が出るという噂の根拠のなさを証明するために雇われた私立探偵の美生が調査を始めた途端に起こったのである。果たして関係があるのか・・・・・?
    華やかできらびやかな雰囲気が苦手の美生が 違和感に戸惑いながら調査する姿には、ちょっとした皮肉も感じさせられてクスリと笑ってしまうし、キャリア刑事の沙藤のふざけているのか真面目なのかわからないキャラにもまたある種の皮肉を感じるのである。
    事件の解決は、美生と沙藤の連係プレーと言えないこともなく、意外とお似合いのコンビなのでは、と思ったりもする。</font>

  • 週末を首都圏のリゾートホテルで過ごす女性たち。そのリゾートホテルで持ち上がる幽霊騒動の真実は?という話なのですが、主人公の探偵の女性がサバサバしていて読みやすいです。登場人物もキャラが立っていて面白かったです。幽霊騒動から大きな事件へ展開していくのもテンポがあって良かったです。

  • シティホテルで豪華な休日を過ごす女性達。
    ある噂から事件の調査が始まった。調査を始めてから次々に起こる事件。
    ワクワクなんて言ったら不謹慎かもしれませんが・・・

  • つづきがそこそこ気になる。

全11件中 1 - 10件を表示

柴田よしきの作品

淑女の休日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

淑女の休日はこんな本です

淑女の休日の文庫

淑女の休日のKindle版

ツイートする