秀吉の知恵袋 曽呂利新左衛門

  • 22人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 童門冬二
  • 実業之日本社 (2003年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408534442

秀吉の知恵袋 曽呂利新左衛門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「曽呂利のおじさん」藤吉郎の悲痛な叫びに曽呂利新左衛門が飛んでいく。そして影ながら彼を助けて天下人に仕上げていくのだが、とても童門先生が書くようなものとは思えなかったのだが、そこはそこで話の中にはしっかりと童門流で進行している。

    「秀吉の知恵袋 曽呂利新左衛門」

    曽呂利新左衛門というと、漫画の読み過ぎか秀吉の防諜役で忍びの棟梁かと思っていたのですが、今作においては完全に「ドラえもん」です。

    安土桃山時代の「ドラえもん」を読んでいるようでした。曽呂利がドラえもんで秀吉は学習能力のあるのび太君ですかね。おもしろさの中に処世の生き方を童門流で綴っている作品に感じた。こんな表現もできるというのは驚きです!

  • 2点間の最短距離は直線だ。
    メインストリートだけではなく、バイパスも必要なんだって!

    よく使う言葉だけど、天の時、地の利、人の和。3拍子そろった時、コトが動く。

  • 2003年9月25日初版、並、カバスレ、帯付
    2014 年6月13日伊勢BF

  • 曽呂利新左衛門が幽なるものから実態にしたのは 秀吉以外のキーマンにその実態をみせるためなのだろうが、ここが気に食わなかった。
    まるで ドラえもんの世界感に支配されてしまっている
    さいごまで ほとけの目線で描いて欲しかった
    そう西遊記の釈迦と悟空の関係のように。
    ややうけといった感じです

    「おじさん、どうにかしてよ」はまぎれもなドラえもん

    しかし 信長やおねのキャラは上手く表現されていた。

    家康と細川幽斎の歌詠み合戦はおもしろかった
    秀吉の「おせっかいこそが人生」 これは糧になりました

  • 曽呂利さんをこういう風にアレンジしてみるのも面白いものだと思う。
    でも、後半、どうしてホトケが秀吉に天下を取らせようと思っていたのに家康に移ったのか?
    なんとなく尻切れトンボの感じがする

全5件中 1 - 5件を表示

童門冬二の作品

秀吉の知恵袋 曽呂利新左衛門の作品紹介

豊臣秀吉の立身出世を支えた"謎のおじさん"!?頓智、洒落、機転を利かせて秀吉を天下取りへ導いた男。著者が温めつづけてきた"夢のまた夢"を描く、抱腹絶倒の長編ユーモア歴史小説。

秀吉の知恵袋 曽呂利新左衛門はこんな本です

ツイートする