乱世疾走―禁中御庭者綺譚

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 海道龍一朗
  • 実業之日本社 (2004年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408534688

乱世疾走―禁中御庭者綺譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お庭番として集まった5人の若者達のエピソードは、ベタの時代物ヒーローとしておもしろい。時代背景を織田信長時代したのも一般的に知られているので入りやすい。
    <2>

  • 禁中御庭者という帝の命を受けた丸目蔵人をはじめとする異能の若者五人が、織田信長の行動を探るべく活躍するという設定。ところどころにユーモアを交えて、堅苦しくないお話で読みやすいと思います。

    2007.9.23読了

全2件中 1 - 2件を表示

海道龍一朗の作品

乱世疾走―禁中御庭者綺譚を本棚に登録しているひと

乱世疾走―禁中御庭者綺譚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乱世疾走―禁中御庭者綺譚を本棚に「積読」で登録しているひと

乱世疾走―禁中御庭者綺譚の作品紹介

「信長とは、何者か!?」異能の若者五人が、帝の密勅を受け、権謀術数渦巻く乱世を疾り出す!あのデビュー作『真剣』から一年。注目の著者が新たに描いた歴史冒険活劇!怒涛のごとく書き下ろし1200枚。

ツイートする