Re-born はじまりの一歩

  • 994人登録
  • 3.27評価
    • (33)
    • (118)
    • (316)
    • (32)
    • (7)
  • 185レビュー
  • 実業之日本社 (2008年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535258

Re-born はじまりの一歩の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Re-bornがテーマのアンソロジー小説。

    はじめましての作家さんもいて、楽しい読書でした。どの話も綺麗にまとまり、テーマに沿った素敵な話ばかり。

    中島京子さんの話は、結果としてはほっこりといい話でしたが、途中の鼻行類についてが正直気持ち悪くて好きではなかったです。

    苦手意識のあった伊坂幸太郎さんの話が良かった。

  • どの作品もすがすがしい

  • 二三面白いのあり。

  • (2015/2/20読了)
    2005年から2008年に書かれた創刊なので、新しい出発に纏わる7作のアンソロジー。当時の作者たちの年齢は、20から40歳代、主人公たちも学生さんから老年者だったり、内容にも青春モノ、哲学的、ファンタジーと、かなりのバラツキがあります。様々なタイプの作品を一度に楽しめる一冊です。
    私にとっての(多分)初めての作家さんは、豊島ミホさん、平山瑞穂さん。宮下さんは小路幸也さんとの共作では読んだことがありますが、個人のは初めてです。
    伊坂さんのこの作品はのちに単行本化されましたね。再読ですが今回ももちろん楽しめました。反して、やっぱり私には合わないのだなと再認識したのは、中島京子さんです。年齢的には一番近いのだけどね。。。

    (内容)
    迷い、揺れ、苦しみながら選びとった、これがわたしの生きる道-。時代を鮮やかに切り取りつづける7人の作家が描く、新たな出会いと出発の物語。
    オール書き下ろし&オリジナルの珠玉アンソロジー。

    (目次)
    よろこびの歌(宮下奈都)夢砕かれた女子高生の新しい場所での葛藤、合唱
    あの日の二十メートル(福田栄一)こちらも同様な男子大学生と老人との出会いから再出発
    ゴーストライター(瀬尾まいこ)成長してから打ち解けることがなくなった兄宛に頼まれたラブレターを通して兄の存在を再認識する弟、兄の旅立ち
    コワリョーフの鼻(中島京子)鼻がもげる?ひとりで歩く?ギブアップ寸前…
    会ったことがない女(平山瑞穂)若かりし日に弟分のオンナに乗り移った女性の霊魂との再会を望む老年の男と、弟分のオンナの孫
    瞬間、金色(豊島ミホ)つまはじきにされてしまった高校生の女子二人のその後と出産
    残り全部バケーション(伊坂幸太郎)両親の離婚により解散となる家族と取立屋から足を洗った男のおかしなドライブ

  • 2012.02.02読了。久々にアンソロジー読みましたが、気楽に読みたい時にいい。もちろん伊坂幸太郎目当てで、最後に収録されてるのに最初に読んだw残り全部バケーション、まだまだ早いけど、いいなそれ。よろこびの歌では、高校の合唱祭を思い出す。校風は全く違うけど、なんだか懐かしい。

  • 14/7/18


    よろこびの歌/宮下奈都 ★
    あの日の二十メートル/福田栄一 ★★
    ゴーストライター/瀬尾まいこ ★
    コワリョーフの鼻/中島京子
    会ったことがない女/平山瑞穂
    瞬間、金色/豊島ミホ ★★★
    残り全部バケーション/伊坂幸太郎 ★★

  • 7人の作家による短編集。

    忘れた。
    でも、確か明るい物語たち。

  • はじまりをテーマにしてるから、
    みんな前向きな話で好き。
    とくに福田さんと伊坂さん。

    「自分探し?探さないですよ。
     俺、ここにいますから」

    私も明日から、
    残り全部バケーションがいいなぁ。

  • コワリョーフの鼻はストーリー的に異色な気がしたが、それゆえか面白く読めた。最初、何で鼻の話なのだろう、と思ったが読み進めるうちにそう言うことか、と納得した。最後、実は知っていたと言う事実と言い出してくれるのをひたすら待っていた旦那さんに愛を感じた。ああ、こういう関係っていいな、と思わされた
    残り全部バケーションはある種自棄になってる家族が持つふとした遊び心が一人を救うというなんとも奇抜で伊坂らしい作品である。気追わなくても自然と前に進む、そんなものか、と妙に納得もした
    私の個人的意見としてはゴーストライターと瞬間、金色のラストが好きだ。ああいう何気ない風景がとても心安らぐ

    何か新しい考え方、見方が出来るかもしれない、そんな作品たちだ

  • 小説初心者です。

    「ほっこりしたい」という目的で小説を探す。
    ランクインしている本は、ハラハラドキドキするやつばっかりだったり、長かったり…。

    やっと良さそうなのに出会えた!
    って思って、読んだのがこの本でした。

    読んでみた感想は、「あ、こんなもんなんだ。」って感じでした。結構、普通の言い回しに感じました。

    でも、伊坂幸太郎は独特でした。

    でも、全部ひっくるめて、読みやすくて良かったです。

    これから良書に出会っていきたいな。

全185件中 1 - 10件を表示

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Re-born はじまりの一歩を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Re-born はじまりの一歩を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Re-born はじまりの一歩の文庫

ツイートする