上杉かぶき衆

  • 80人登録
  • 3.58評価
    • (8)
    • (11)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 火坂雅志
  • 実業之日本社 (2009年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535456

上杉かぶき衆の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他の大名と比べても、かぶいた人が多かった上杉家のかぶき者について書いた短編集です。

    主な登場人物は、前田慶次郎、直江兼続の弟である大国実頼、上泉主水泰綱、そして水原親憲というところです。

    祖父が新陰流の創設者である上泉伊勢守信綱である上泉主水や、前田慶次郎も認めた「かぶき者」の先駆者である水原親憲などは、非常に興味深い武将でした。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-5469.html

  • 59Pの短編に少しがっかりさせられたが、その後続いた6つの短編作品に驚かされた。火坂先生の作品と言えば史実通りに近く、きれいに描かれている作品が多く、僕の好きな歴史小説としては物足りない部類に入っていたのだが、この作品は本当に満足させてくれた。

    「上杉かぶき衆」

    しかしまた物足りない…続きがあれば6作品ともに読みたいくらいだ。物語の中に人生の冒険がある。巻頭に前田慶次郎を持ってきたのは残念だったようにも思えるが、最後に水原親憲のまとめ方が絶妙さを感じる。かぶき衆とタイトルに入れてなければ選択肢はもっと広がり面白い作品が作れるような気がします。

    どうしても戦国の武将というのは大名をターゲットにおいてしまうか有名どころ数人にスポットを当てるかなのだが、陪臣にもう少し目を向けてもいいような気がする。ただそれは僕のレベルになっての当然の理想かもしれませんね! 

  • 時代的には謙信が没する辺りから関ヶ原辺りまでの、上杉家というか直江兼続に関わる人たちを題材にその頃の「上杉&兼続」を浮かび上がらせる短編集。
    残念なのは、短編では書ききれない人物が多いこと。もう少し掘り下げて長編物の主人公としてて書ける人物を扱っている分、物足りなさを感じた。

  • 上杉家ゆかりの人々の生き様を描く本作。
    因みに天地人は原作・ドラマとも未見。

    謙信の長兄、景虎の最後が切ない。
    異国の地で育ち・不遇の晩年を過ごす景虎。

    前田慶次郎や水原親憲のような武辺者もかっこいい。
    民衆に手厚く接した上杉家には、ハートがある。
    やっぱり惹かれるな。

    それにしても徳川は気に入らない。
    叶わぬ想像だが、革籠原にて、後ろから徳川軍を襲っていたら。
    きっと関ヶ原の戦いだって起こらないし、もしかしたら石田三成が天下を取っていたかもしれないが。
    正面から正々堂々と戦ったからこその上杉家なのでしょう。

  • 上杉家っていうか、直江兼続の周りにいた人たち。
    の、短編集。

    主人公は、もちろん各人物だけど、
    それぞれから見た直江兼続、の話のようにも思えた。
    大国実頼⇒上杉三郎影虎⇒菊姫コンボは
    兼続憎し・・・の感情がわきました(笑)

    前田慶次郎、水原親憲は私が思うかぶき者のイメージでした。

    個性的な人物が多かった上杉家。
    でも、謙信の精神は家臣に至るまでちゃんと受け継がれていて。

  • 上杉景勝の家臣などを描いた、7篇を収録。
    タイトル通り、かぶき者が多く主人公に。
    その生き様が清々しい。
    大河ドラマ「天地人」の原作者。
    同じ時代を、色んな主人公で描いているので、内容が重なる部分も。
    7人を描くことで浮かび上がる、直江兼続が魅力的。
    「天地人」の原作も読んでみたくなった。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-49db.html

  • 前田慶次など上杉家のかぶき者と呼ばれる7人の短編集。区切りもよく(一部どうしてここでとも思ったが)1人10分くらいで読み終えるので軽く読み終わる。
    直江兼続が所々出てくるが作者は兼続が嫌いなのかな?と思わせたが、後で気づいた事ながら天地人の作者なんですね。
    私が気に入ったのは本田政重。

  • 上杉に纏わる武将(前田慶次郎他)所縁の人々(景虎、菊姫他)の7編。上杉家を支えた人々の生き様を主体に書かれており謙信びいきとしては面白く読めた

  • 天地人の外伝らしいですが本編より好き。
    それぞれの心情を深く描いてて興味深い。
    特にオススメは実頼、景虎、菊姫の話。
    上杉と言えば火坂氏。

  • 「大ふへん者 前田慶次郎」「弟(おじ) 大国実頼」「生き過ぎたりや 上杉三郎景虎」「甲斐御料人 上杉景勝の妻」「剣の漢 上泉主水泰綱」「百戦錬磨 本多政重」「ぬくもり 水原親憲」の七篇を収録。

全17件中 1 - 10件を表示

火坂雅志の作品

上杉かぶき衆を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

上杉かぶき衆を本棚に「積読」で登録しているひと

上杉かぶき衆の作品紹介

直江兼続、前田慶次郎、水原親憲ら、景勝を盛り立てた武将たちの壮烈なる生きざまを描き切る、「天地人」外伝!もののふたちは、何故、上杉景勝の下に集まり、直江兼続とともに戦ったのか?著者渾身の七篇を収録。

上杉かぶき衆のKindle版

ツイートする