徳川家康 トクチョンカガン 上

  • 45人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (5)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 荒山徹
  • 実業之日本社 (2009年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535548

徳川家康 トクチョンカガン 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻に譲る。

  • 感想は下巻で

  • 徳川家康の影武者物。豊臣好&朝鮮苦手な自分にはページをめくるたび魅力がなくなり苦痛になる読物でした。他の著作をそのまま引用するのも閉口。

  • 歴史小説だと思って読んだら伝奇小説だったのでびっくり

  • 全然違う小説を想像していたので伝奇ものでびっくりしました

  • 家康「身代わり」小説のひとつ。
    作中やあとがきで作者自身が触れているように隆慶一郎の「影武者徳川家康」を越えようとしたが越えられなかったか。
    隆との大きな差は、この小説では家康は朝鮮人捕虜。
    大阪攻めに積極的なのは秀吉に朝鮮での復習を果たそうとする家康秀忠は大名としての豊臣存続を認めている(隆作品では家康は豊臣をかばう。秀忠が攻撃に積極的)。

全7件中 1 - 7件を表示

荒山徹の作品

徳川家康 トクチョンカガン 上を本棚に「読みたい」で登録しているひと

徳川家康 トクチョンカガン 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

徳川家康 トクチョンカガン 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

徳川家康 トクチョンカガン 上を本棚に「積読」で登録しているひと

徳川家康 トクチョンカガン 上はこんな本です

ツイートする