完黙

  • 48人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (9)
    • (17)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 永瀬隼介
  • 実業之日本社 (2009年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535616

完黙の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • #読了。短編集。短編集。主流とはいえない警察官たちがを主人公に綴る。ハッピーエンドという結末ばかりではないが、ほろりとさせられる物語。

  • 出世街道から外れてしまった警察官達の話。短編集。「師匠」がよかった。「東京から来た男」もよかった。

  • 2015_12_07読

  • 警察物の短編集。
    この人の短編は珍しいが、長編の方が楽しい。

  • 地味な警察小説。

    文章が多少読みにくいとこもあったけど、話はまとまってて良かったです。

  • 2012年

    1冊目

  • なかなかgood!

  • 警察が舞台の小説、女だてらに好きなんです。

    読み甲斐がありましたが
    最初専門用語がなかなか頭に入らず
    私にしては読む時間が少しかかったかな。

  • どこかホロリとさせる警察小説。短編だが、どの刑事も自分の中の正義に突き動かされていて好感が持てる。「東京から来た男」の結末が特に爽快。

  • 様々な理由で出世コースからはずれた警察官を描く短編集。
    全体的に(いい意味で)男くさい作品が多かった。

    唯一、女性刑事を主人公にしたのは『昔の男』。
    女性の立場からしたら、本当にこんな行動をとるかなと少し疑問も持つが…女性の”女”の部分が結果的に被害を最小限に食い止めた、ということだろうか。

    最初に収録の『東京から来た男』は、中国人研修生の不当な扱いや警察との癒着、定年間近の夫婦の擦れ違いなどを描き、一番読みごたえがあった。

全15件中 1 - 10件を表示

永瀬隼介の作品

完黙を本棚に「読みたい」で登録しているひと

完黙を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

完黙を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

完黙を本棚に「積読」で登録しているひと

完黙の作品紹介

所轄は本庁の犬にあらず!捜一から飛ばされた元エリートの屈辱、新米女刑事への洗礼、万年ハコ番巡査部長のあきらめ…。警察組織の底辺で、奔走する刑事たちの苦闘の日々。

完黙のKindle版

ツイートする