アクアリウムにようこそ

  • 106人登録
  • 3.39評価
    • (9)
    • (15)
    • (28)
    • (4)
    • (3)
  • 32レビュー
著者 : 木宮条太郎
  • 実業之日本社 (2011年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535852

アクアリウムにようこその感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お仕事小説は普段は見えない業界を垣間見ることができるので、結構好きです。
    本作は水族館が舞台ということで、小学校の卒業アルバムに「将来の夢は水族館で働くこと」と書いた身にとっては、なおさらわくわく。

    役所に入職して3年、日々デスクワークをしていた由香は、4年目の春にアクアパークに異動が決まります。
    水族館なんて全く縁のない生活を送ってきた由香が、イルカ課の水族館員として奮闘する1年間を描いた物語は、笑いあり、涙あり、恋愛もあり…と盛りだくさん。
    個性豊かで賑やかな職場の人々や、愛矯たっぷりのイルカたちに、水族館っていいな…と憧れる気持ちが高まりました。
    その一方で、命を扱う施設の厳しさや生々しさも描かれています。(実際の現場はもっと辛い場面が多いはず…)
    日々その現場の真っただ中にいる飼育員の方々は本当にすごいと、改めて感じさせられました。

    また、娯楽施設と研究施設の狭間で、水族館がどうあるべきかということを常に考えている職員たちの熱意に、よい刺激をもらいました。
    それは図書館の在り方にも通じるよね…と感じます。
    仕事へのやる気を高めてくれるビタミン剤を飲んだような読後感でした。

  • 水族館が舞台のお仕事小説。水族館の裏側って大変なんだね。というかお役所勤めの人がイルカのトレーナーになれるもんなんだ…って思うとなんだかな。ラッコの生態は興味深かった。個人的にはラブは要らなかったかなーなんて思います。2011/402

  • 水族館のお仕事小説として、読みごたえあり。
    ただ、恋愛の部分は不要に思った。
    軽い性的描写もあって、これがなければ動物好きな小学生にも薦めたのに残念。
    水族館の仕事がよくわかる。

  • 水族館のお仕事。
    ためになった。

    コストを考えての濾過システムの一元化。
    だが、トラブルが起きれば水族館全体に広がる危険性をはらんでいる。

    水族館は遊園地か博物館か。
    遊園地にすれば客は入るが、博物館でありたいと思うジレンマ。

    仕事にジレンマはつきものだけど、水族館も例外ではないと言うことか。


    恋愛いらなくね?

    なんか最初から最後まで有川浩っぽい。

  • ずぶの素人が飼育員として成長していく過程で、その視点から見た水族館を描くのは成功していると思う。

    が、毎章、毎節、夢ではじまり、恋愛比率が高すぎるかな?

  • 2016_06_22-0060

  • ビアボーイ、君たちに明日はないシリーズなど、お仕事小説にはまっていたときに購入した本。

    はっきり言って期待はずれ。この本を読んでて途中で中座したし、早く終われ~って気持ちで読んだ。感性の鈍い無骨な独身男子のためか。女子が読むとまた違うのかな。

    最後もそうだ。変な恋愛を持ち出されても…って感じだし、最後にアジと一緒に渡したのが新住所とか!!んなもんいらないだろ 笑

    水族館に行ってみようとも思わなかった。

    この本読んで知ったことは、水族を記号で呼ぶか愛称をつけるかの賛否があること、生き物を扱っているから“死”と向き合う仕事であることの二つ。

  • 水族館は知っていたけど、「水族」という普通名詞があるのは知りませんでした。
    業界ものは好きでしたが、水族館業界の小説なんて、いまだかつて知らなかった。この業界には変な人がいっぱいいて面白いから、次は「しっぽをなくしたイルカ」を読んでみよっと。

  • お仕事恋愛小説。なかなか面白かった。近いうちに水族館に行くのでそこで見る目がかわりそうな気がしました。

  • 水族館に配属された新米女子飼育員、
    を主人公にした、お仕事小説です…。

    自分の意図せぬ、未知の職場で、
    ドジっ娘ぷりがキュートな主人公が、
    壁にぶつかりながらも成長していく、
    +ツンデレ先輩との恋愛もあり~の、
    は、王道の展開ではありますが…、

    飼育を担当した動物の死や、
    水族館の現状や課題などの、
    水族館ならではのエピソードも、
    効果的に差し込まれており、
    ベタですが、とても面白かったです。

    まぁ、各章の冒頭の夢のパートなど、
    恋愛悶々のパートは、リアルだけど、
    ちびっと、赤面モノでしたけどね…。
    さわやかキュートの延長線てことで、
    まっいっか…、って感じですかの~?

    水族館や、そこでのお仕事の裏側が、
    リアルに、かつコミカルに描かれた、
    本作品の読了後は、
    水族館の楽しみ方が、変わるかも…?
    夏休み前の読書に、オススメですね!

全32件中 1 - 10件を表示

木宮条太郎の作品

アクアリウムにようこそに関連する談話室の質問

アクアリウムにようこそを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アクアリウムにようこそを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アクアリウムにようこそを本棚に「積読」で登録しているひと

アクアリウムにようこその作品紹介

千葉湾岸市の観光事業課に勤めはじめて三年、突然『市立水族館アクアパーク』へ一年間の出向を命じられた由香。いきなりイルカ課に配属になるが、そこには、飼育には人一倍の情熱を持ちながら、人間とのコミュニケーションは極めて下手な先輩・梶、そして、初対面の由香にいたずらを仕掛けるバンドウイルカたちがいた。餌やり、トレーニング、水質管理など、裏方としての仕事を徐々に覚えていくが、かわいがっていたイルカが突然病気を発症して…感動の青春お仕事ノベル。

ツイートする