東尋坊マジック

  • 95人登録
  • 3.12評価
    • (1)
    • (7)
    • (22)
    • (3)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 二階堂黎人
  • 実業之日本社 (2011年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535906

東尋坊マジックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サトルもの。今年東尋坊に行って来たので、なおさら興味深く読めた。
    この人はいつもながら、トリックが複雑でないのが良い。
    拳銃の銃身ごと変えてしまうなどの発想は初めて。それでアリバイ工作が
    出来る。その説明もウーン。

  • かの有名な、「東尋坊」と言えば…、
    2時間サスペンスドラマのド定番で…、
    何人もの犯人が捕まってまふが(笑)…、
    意外と、東尋坊を舞台にしたミステリー小説って、
    あんまり、見かけないんですよね~。

    ってことで…、本作品は、タイトル買いでした…。

    でも…、トリックは短絡的で、押し切った感じ…。
    特異な主人公キャラも、
    最近のライトミステリーと比べると、見劣るし…。
    2つの事件が同時進行していますが、
    関連性もないし、1つ1つの事件に深みもなぃ…。
    正直…、ちょっとガッカリでした…。

    どぅせなら、
    「冥妖星女性連続殺人事件」1本に絞りこんで、
    真犯人の心理やトリックをしっかりと深堀りして、
    多少ハードボイルド・テイストで画いてみた方が、
    軽めの主人公キャラも程よく活かすこともできて、
    面白ぃミステリー小説になったんじゃないかな~。

    それだと…、東尋坊が出てこないけどね…f(^_^;)

  • 「イケメンにして博学、そしてやんちゃな名探偵」の帯に惹かれ図書館で借りました。

    2つの事件が交錯する
    長編でしたがさっくり読めました

    犯人はまさかでした。

  • ツアーの下見に来た水乃紗杜瑠と美並由加理は、目の前で人が撃たれて東尋坊に落ちる現場に遭遇してしまう。しかし、迅速な対応をした紗杜瑠は反って不審をかい警察に拘束されてしまう。別事件で出先から連絡をくれた馬田刑事に紗杜瑠たちは身元引受人になってもらうが、条件をだされてしまう。今抱えている事件を解決するために知恵をかしてほしいと。そしてその事件は冥妖星と呼ばれ、連続殺人を犯している犯人を捕まえることだった。紗杜瑠と由加理たちは冥妖星事件と東尋坊の事件に身を置く羽目になってしまう。__傍目から見て頭脳明晰、ハンサムな紗杜瑠だが、突拍子もない言動や行動に周りの人たちは驚かされるばかりなのに、なぜか許してしまうキャラクター。知識の多さや多趣味が事件解決の糸口になっているのは言うまでもない。もし、このような人がいたらきっと犯罪を犯すのを躊躇するにちがいない。うん、絶対にそう思う。

  • 水乃サトルシリーズ。「断崖ツアー」……楽しそうではありますが。ツアーが終わった頃に参加者が減っていたりしないんだろうか、と気になります(笑)。
    それはさておき。東尋坊で起こった殺人事件と、長年続く連続殺人事件の謎。どっちも魅力的な事件ですが、やはり「冥妖星事件」の謎は圧巻だなあ。猟奇事件のプロファイル要素から、狙って仕掛けられたミスリードにやられちゃうところから、しっかり楽しめました。「7歳の犯罪」にはびっくり。そういうことか!
    事件が解決した後、ラストのあれにもびっくりー! シリーズとしての新展開があるのかな?

  • 表紙がどう見ても火サス。

    題名からわかるように。水乃サトルシリーズです。
    不思議シリーズ彼のシリーズだったとは知りませんでした。

    二つの殺人事件を追っていたらいつの間にか解決していた。
    という印象。
    警察の人々がサトルに感化されどんどん無茶をするのがなぜかほほえましいと思うのはなぜだろうか。
    蘊蓄ものでもあるはずなのにそうも思えないのは主人公のせいなのか。

    しかし、あの終わり方は最終巻ぽいですがどうなんだろう。

  • 久しぶりの水乃サトルくんでした。
    多芸多才、お調子者だけど、超イケメン。
    このキャラクターもっと話題になってもいいかと思うのですが、何しろあまりにお久しぶりで。
    私はこのシリーズ(と言っていいのか悪いのか?)好きです。
    こんかいもまた、練りに練ったストーリーありがとうございました。

  • 本屋さんで帯の煽り文句にひかれて、図書館でかりたけれど、あおりすぎな感じ。トリックはきらいじゃないけれど、主人公のキャラが苦手かな。。。

  • どんな話しだろうとミステリーにする。
    二階堂さんのこのシリーズもトラベルミステリフウミながらなかなか面白い。

全22件中 1 - 10件を表示

二階堂黎人の作品

東尋坊マジックを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東尋坊マジックを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東尋坊マジックを本棚に「積読」で登録しているひと

東尋坊マジックの作品紹介

1996年、旅行代理店勤務の名探偵・水乃サトルは、部下の由加理と東尋坊で銃殺事件に遭遇。被害者は海に転落、犯人は姿をくらます。饒舌な犯罪知識が地元警察に怪しまれ、サトルは連行されてしまう。サトルが照会を求めたのは警視庁の馬田刑事。馬田は釈放されたサトルに猟奇事件への助力を求める。それは76年から日本海各地で発生、鬘や化粧を施した上で女性を惨殺するという手口だった。東尋坊事件の数日前に、第四の犠牲者が発見されたばかりだったのだ。サトルたちは第一の事件現場から検証を開始、過去と現在にまたがる事件解決に乗り出すが、猟奇的な犯行にはさらなる意図が隠されていた-。本格推理とトラベル・ミステリーの融合。

ツイートする