恋するスイッチ

  • 216人登録
  • 3.33評価
    • (10)
    • (17)
    • (29)
    • (12)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 中村航
制作 : 宮尾 和孝 
  • 実業之日本社 (2012年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536033

恋するスイッチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中村航さんと宮尾和孝さんのコンビはたまりませぬ!
    お二人が描く青春は、胸キュン度高し。

    「私」が「私の好きな人」と過ごす、春夏秋冬。
    甘酸っぱくて、ちょっと不思議。
    好きな人がいる女の子は、きらきらしているなぁ…。
    自転車に青春乗りして、海に向かって走る…なーんて、あこがれちゃいます。

    宮尾さんが描くネコが、かわいらしいのです。
    ネコたちのちょっと不敵な眼差しが、とってもキュート。

  • スイッチが入る瞬間、なんとなくわかる気がする。が、
    いかにも青春!という感じがして、恥ずかしくなってしまった……

  • 初々しいっ!
    初めての恋がこんなにステキなら、それだけで生まれてきた意味があるってもんだ。
    一年中、好きな人と一緒にいる幸せ。あぁうらやましいぞ。
    恋のスイッチを入れてる人も、まだ恋のスイッチを触ったことのない人も、恋のスイッチなんて忘れ去った人もみんなみんな読むべし。読むべし。

  • 中村航さんと宮尾和孝さんによる絵本。
    宮尾和孝さんの絵は温かくてすてきだなあ。

    季節が巡って「2周り目の恋の始まり」って
    フレーズが良い。

    繰り返すのではなくまた始まるのだ。

  • 最後の二人の写真がなかったのがざんねんでした。

  • 恋、冒険、四季…私の世界を色鮮やかに染めるもの。そんなのがいっぱい詰まった一冊でした。

  • ごはんを食べたら、すっごく眠そうになって。
    ついに眠ったその瞬間、スイッチを押したみたいに私は恋に落ちたのです。

  • かわいい~!
    恋した女の子の春夏秋冬を描いた不思議な、心が暖かくなるような絵本。

  • 色合いが優しくて、読むと心がホッとする作品です。

    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=252625

  • あーー、かわいい!絵内容文体、すべてがかわいい。キュン死してしまう…。中村航と宮尾和孝のパワーは恐ろしい。女子力ありすぎてただの女には眩しすぎるかわいさ。大好きだ〜

全29件中 1 - 10件を表示

中村航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

恋するスイッチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋するスイッチを本棚に「積読」で登録しているひと

恋するスイッチの作品紹介

恋をしたら、したいこと。恋する女の子の冒険を、瑞々しい言葉と繊細なイラストで紡ぎます。春はまちに溢れる矢印を辿って、夏はひたすらバイトをして……女の子の空想は四つの季節と、地球を巡り、遠い空の彼方へ……。そして、冒険の最後に見つけたものとは!?

『100回泣くこと』『あなたがここにいて欲しい』の中村航と、CDジャケットや本の装画など幅広く活躍するイラストレーター宮尾和孝のコラボレーションによるビジュアル・ショートストーリー。

恋するスイッチはこんな本です

ツイートする