総理の夫

  • 1006人登録
  • 3.48評価
    • (61)
    • (163)
    • (184)
    • (46)
    • (8)
  • 177レビュー
著者 : 原田マハ
  • 実業之日本社 (2013年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536279

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

総理の夫の感想・レビュー・書評

  • 初の女性総理大臣と、その夫の話。
    できすぎの妻、頼りない夫、腹黒い黒幕政治家等、マンガの登場人物みたいだし、ストーリーもマンガのよう。
    結構おもしろく読んだ。

  • アートに絡まないマハさんの小説。
    女性総理大臣とその夫。こんな一気読みできるさわやかなお話が、一番合っているかもしれない。

  • 最初は文庫で登録していたんだけど、単行本の装丁にもきちんと意味があることが分かって、登録し直した。史上初、女性の内閣総理大臣が誕生したことにより、史上初の「ファースト・ジェントルマン」になった夫・日和の目線で描かれた日記で綴られる奮闘記。難しい政治的要素はほとんどなく、頑張る妻・凛子をひたすら支えようとする日和や周囲の人々にほっこりする。荒れに荒れまくっている現実の政界。そこから、少しだけ目をそらして、こんな総理大臣が誕生してくれたら…と少しだけ夢見ることが出来る作品だった。

  • 久しぶりにこういう本を読んだ。
    爽快感というか疾走している感じがいい。

  •  サクサク読める。内容は政治関連だが軽めでハッピーな気分にさせてくれる要素があるので、落ち込んだときにはいいかも。
     近未来であることは想像がつくが、作中ルビがふってある「あなた」が具体的に誰を指すのかは、前半はわからない。そんな疑問が最後まで引っ張っていってくれる。
     初の女性総理。その夫が記す日記が本書である。何もかもが理想的。そんな世の中が来るかどうかはともかく、全編にわたってポジティブな展開は心の栄養になりそうだ。

  • ヒラリー・クリントンがアメリカ大統領になれなかったことを思うと、
    日本で「総理の夫」が誕生するのは、まだまだ遠い先のことに思われる。
    日和クンという鳥類研究をしているおぼっちゃまが「総理の夫」となり、その記録という形で日記形式になっているが、実家が超お金持ちで家政婦さんもいる庶民とはかけ離れた生活の人が「総理の夫」という、さらにかけ離れた立場になっていくのが鼻持ちならない。
    嫌みな感じはないのだが、回りくどい日記形式は読むのに疲れた。
    でも、こんな女性総理大臣が誕生したら、今度こそ日本は変わるかも?とすこし期待させられた。

  • う~ん、総理の夫のお母さんに殺られたなぁ♪。♪

  • 設定に惹かれて+原田マハって確か面白かったよね、と借りてきたが、表紙の裏に漫画(しかもありがちな少女漫画の絵柄)でびっくり、読み始めて「…ラノベ?」な雰囲気にびっくり。
    もの足りませんでした。
    若い方が政治を身近に感じるにはいいかもしれない。

  • 本日はお日柄も良くのスピーチライターの登場におおっと一人でわくわくしてしまった。
    読後感の良さに期待して図書館で。
    読みやすく、前向きな気持ちになれる。
    こんな熱意溢れる真っすぐなスピーチ、聞いてみたいわー
    国会で語られる「国民のために」「信を問う」の白々しさったら。と思わずにいられない。

  • またもや勘違い。

    「総理の夫」≠「総理である夫」
    「総理の夫」=「総理を妻に持つ、その夫」
    であった。

    政治もの。
    くしくも、2016年7月10日。
    第24回参議院議員通常選挙の投開票が行われた
    このタイミングに、この本を読んだ。
    昨今の政治課題がまさにとりあげられている。
    「ソーリン」にまかせましょ。

    この作品も、読んでると
    よーし。
    そのそろ面白くなってくるゾ。。。
    次の展開は。。。
    と読み進めたくなる作品であった。
    が、全般的には、合格ラインぎりぎりを行ったり来たりの
    低空飛行。

    後半の目玉的な展開も、想定内。
    3+

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    待ったなしの日本にさっそうと現れた―史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。

    どこかに絵画がからむのかしら?と思った私が浅はかでした。政治がらみの作品。というより、恋愛小説?でした。
    育ちがいいとはこういうことなのね、という日和のことはよく見えたけど、実は凛子がどういう人か、っていうのがいまいち描写が足りないような気もしたの。総理として、の彼女の描写、そしてラストの選択をした彼女はなぜ?とかね。
    日和のお母さんはおもしろい。この人で1つ作品で着そうだわ。

  • 何冊目かの原田マハさん。
    今まで読んだのは、当たり外れがあるっていうか、好き嫌いかな?いいなぁと思うのと、そうでもないのと。

    これは表紙から期待して読んだけど、表紙の裏にストーリーを漫画にしたのがあって、それがレディースコミックっぽいなーと思ったら、中も結構レディコミだった。

    レディコミ好きの人にはすごくいいのかもしれないけど、私はちょっとイライラする所も。
    主人公でもある総理の夫がバカ過ぎる。

    結構なボリュームだったんで、なかなか進まなかったけど、終盤にきてちょっと良くなった。
    「本日はお日柄もよく」の重要な登場人物、伝説のスピーチライター久遠久美さんが出てきたり、原田マハファンにはちょっとオッと思わせる所もあったし、そのスピーチが秀逸!

    原田マハさんがスピーチライターになってもいいかもってぐらい。

    ま、めでたしめでたし、だけど、ちょっとしんどかったなー。

  • いつか私たちの世にも、こんなに素晴らしいリーダーが現れるといいな。
    と心から願う。

    でも唐突に話が終わってしまった印象。
    それがちょっと残念です。
    富士宮さんがどうなったのかも気になるし…

  • 現実の政治問題に対して
    どうコミットメントするのか
    というむつかしいテーマに、
    敢然と立ち向かった ことは評価できる。

    あくまでも女性の視点から見た政治
    という 感想は否めず、物事が 感覚的だな
    とさえ思った。

    ただし、国債などの借金を、膨大に抱えている日本政府。
    ある意味では 日本国破産 しかねない状況であることは
    現実にある問題である。それを 見ないふりにできない
    と言うことは、避けてとおれない 事実。

    初の最年少 女性総理大臣 相馬凛子が誕生するのを
    まるで、とりを観察するように 総理の夫 日和 が
    日記を付けると言う形式で、展開する。
    たぶん、この日記形式が、時間と言うものを 
    正しく取り扱うことが できる編集法かもしれない。

    借金づけ日本を救うのは、『増税』 つまり 国の収入を増やすこと
    が ひとつの方法であり、
    相馬総理大臣は、敢然と増税に 踏み切るのである。
    そして、国民に信を問う。

    政治の世界では 魑魅魍魎が跋扈する。
    原久郎という 原田マハのおきまりのダジャレの人物が
    登場する。それは、小沢一郎を イメージしている。
    相馬凛子をイメージできるニンゲンが
    現在の日本にいないのが残念であるが。

    信念のヒト。決してぶれない。
    そして、行政の改革も徹底して行ない
    女性が働ける環境の改善も行う。
    これならば、『日本 死ね』とはいわれない。

    相馬日和の母親の 押し出し方も 実に快適だ。
    こういうヒトが チャンと控えているのが、
    原田マハの作品の特徴かな。

    確かに、これは 政治エンターテイメントには
    なっているのである。
    感心した。

  • うーん、どうしてもこれがファンタジーのように感じられてしまうのは、やっぱり現実に幻滅しすぎているからなのだろうか…?政治の世界で初の女性総理、しかも「正義の人」…が勝ち残っていくことがまったくイメージできなくて困った。完全に一種のファンタジーとしてみるには痛快さだとか愉快さがいまいち足りない気もするし…。まあ、単に私が、政治の世界はどろどろの権謀術数渦巻いて、清濁併せ呑む原氏のような人物ばかりが跋扈する世界であってほしいという夢を見ているだけなのかもしれないけども。

  • 日和がいつ凛子に裏切られるのだろうか、周囲に手のひらを返されるではなかろうかとドキドキしてしまった。軽く一気読み作品だった。

  • 漫画のようで面白い。日記という形をとっているのが少々読みにくいがテンポも良くキャラクターも際立ってよい。

  •  史上初の女性総理相馬凜子のファースト・ジェントルマンとなった夫である鳥類研究家(実家がお金持ち)日和の日記。

     ついついこんな理想通りに行くのか?と思いつつ読んでしまいます。日和が天然すぎて利用されそうで心配なキャラクターです。時々、発言がおもしろくて笑っちゃいました。「こちらひよりんで~す」って!
     ドラマ化したらおもしろそうだなと思いました。
     総理誕生から書かれてますが、2人の出会いもしっかり書かれています。

  • 冬の凛とした朝に似合う、すがすがしい物語であった。凛子のように正義感を持って仕事に取り組もうと思った。凛子のようにいつか子どもにも選んでもらえるといいなぁ。原田さんの本、今まで図書館で借りていたけど、自分で所有したくなるなぁ。

  • ファーストレディならぬファーストジェントルマンの話。
    史上初女性総理が誕生したときには感度したし、二人の出会いも可愛らしく、楽しく読めた。
    中盤以降やや飽きることもあったけど設定が面白かった。
    ドラマにしたら、面白そうで、読了後はついついキャストを考えちゃう。

  • いつもと違い政治の話。
    伝説のスピーチライターのことは、以前の作品(本日は、お日柄もよく)で読んだきがする。
    少し先が読めてしまうところもあったが楽しめた。
    「信を問う」 重い言葉
    原久郎が腹黒。

  • 総理大臣の妻を持つ夫が主人公の面白い視点の話。政治の話も多く、初めは読みにくいかと思っていたが、実はすごく分かりやすく政界のやり取りや駆け引きを書いてあって、読みやすかった。総理大臣の配偶者の生活など普段知ることのない世界を垣間見ることができた。表紙の裏にあるマンガも、取っつきやすく感じる一つ。映画化したら面白そう。

  • 待ったなしの日本にさっそうと現れた―史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。
    「BOOKデータベース」より

    日本初の女性総理大臣の夫の回想日記の形で物語は進む.未来の日本に生きる人たちに向けた内容.
    今私が読んでいる時点では、まだ女性総理大臣は誕生していないし、ここまで強烈な政治家は出てきていない.いつかこの本の内容が、こんな古臭い時代があったのだなぁと思うような、未来であってほしいと思う.

  • 「こうありたい」を文章にするとこうなる!ってことを総理の夫目線から書かれた話。一つの事を除けば女性総理にできないことはナサゲだけれど、これだけはねってつぶやきが作者さんから聞こえてくるしwまとめ方はいたって平凡だけど王道であることは確か。

全177件中 1 - 25件を表示

総理の夫を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

総理の夫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする