総理の夫

  • 1048人登録
  • 3.49評価
    • (65)
    • (174)
    • (191)
    • (48)
    • (8)
  • 189レビュー
著者 : 原田マハ
  • 実業之日本社 (2013年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536279

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

総理の夫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感動的な結婚式のスピーチから始まった『本日は、お日柄もよく』が
    途中からおやおや?と思うくらい政治の世界へと針路を変えた時、思ってはいたのです。
    原田マハさん、今の政治に物申したいことが、まだまだ山のようにあるんだなぁ。
    伝説のスピーチライター、久遠久美さんのスピーチももっと味わいたいし
    これは続編を期待してもいいかも♪ なんて。

    そんな小賢しいファンの予想をかるがると飛び越えて、まさかの『総理の夫』。
    えええ?! 総理の妻じゃなくて、夫?
    そうきましたか!と呆気にとられた後には、「さすがマハさん」と、じわじわうれしくなって。

    「もしも私が総理大臣になったら、何かあなたに不都合はある?」といきなり訊かれて
    「いいや、何も不都合はないよ」と即答してしまう日和さん。
    野鳥をこよなく愛し、静かに観察日記をしたためるのが生き甲斐という人なのに
    これから外遊やお偉方とのパーティに否応なく連れ出されるとは露ほども思わず。。。

    初の女性総理となる妻、凜子のためにまず何ができるか、と考え
    とりあえずロメインレタスをちぎり、パルメザンチーズを削って
    いそいそとシーザーサラダを作るというほのぼのぶり。
    忙しいとはいえ、愛情たっぷりのその一皿に手もつけずに出掛ける凜子に
    「それはないでしょ!ひと口でも食べてあげてよー!」と抗議したくなります。

    大企業創業者の次男坊らしく、育ちのよさがにじみ出ていている日和さん。
    穏やかで優しくて、妻にぞっこんで、政治絡みの罠にかけられても
    相手を糾弾したり恨んだりしない彼があまりに素敵なので
    夫をあたりまえのように振り回しておいて、ちょっと癇に障ると
    「何もわかってない!」とキレる凜子を、前半はなかなか好きになれなくて。
    でも、愛情というエッセンスをたっぷり含んだインクで綴られた
    日和さんの「総理の夫日記」を読み進めるうち、
    日和さんがこんなに愛してる人なら、まあいいかな。。。なんて思えてくるのが不思議。

    そう、これはまさに、日和さんが吟味に吟味を重ねて選んだ
    赤革の日記帳を模した装幀が物語る通り、政治テイストの愛妻日記。
    こんな政策ありえない!とか、おとぎ話だ!とか肩肘張らず
    溢れんばかりの日和さんの愛に免じて、おおらかに楽しみたい一冊です。

  • わが国では初となる女性の総理大臣が誕生した。

    しかもその人物たるや
    才色兼備でありながら、真の政治家魂をも持ち合わせているという、非の打ち所無きスーパーヒロイン♪

    私は政治に関しては全く疎いので
    これは的外れな表現なのかも知れないが、
    これまで日本のTOPに立ち、
    リーダーシップをとっていたおじ様方が守っていたのが
    『国』だとすれば、
    凛子さん(物語のヒロイン)が守っていたのは『国民』

    テレビでの国会討論や、選挙での候補者達の演説云々には全く耳を傾けた事が無かった私にも、
    凛子さんの演説だけは一国民である私の心にもしっかり響いてきた。
    (伝説のスピーチライター、久美さんのお力添えも嬉しい♪)

    物語は彼女を支える夫の目線からの日記形式で語られているのだが、
    この彼が、彼女にとっての陽だまりの様な存在であり、
    堅苦しい政治界の重い扉を開け放ち、
    誰もが行き来しやすいフィールドにしてくれた。
    お陰で
    物語の居心地は大変良く、政治界の隅々までゆっくり歩き回ることが出来たのはいい勉強になった。

    こんな大統領だったら
    ホントに日本は変わるかもなぁ、
    と、いう大きな夢を抱かせてくれた作品。

  •  第111代日本国総理大臣、相馬凜子。史上初の女性総理となった凜子の夫であり、鳥類研究家である日和(ひより)の日記形式で展開する作品。

     凜子の経歴が華々しすぎた。しかも、日和の日記形式で話が進んでいくため、凜子の主観が全く入っていなくて、凜子に感情移入できなかった。凜子さんは、東大にハーバード大に、東大大学院を卒業した国際政治学研究者かあ。
     対する日和のほうも、東大理学部卒、同大学院博士課程修了・・・おまけに相馬大財閥の御曹司。うーん。
     まあ、日和がこんなスーパー金持ちのスーパー秀才であっても、ほとんど欲がなくて、自分の研究と自分の妻を愛するところには、うっとりしました。

     それにしても、誠実で正義感にあふれ、率直に実直に、自ら掲げたマニフェストを実行していこうとする凜子は、やはりかっこよかった。
     人間関係の根回しとか、妊娠と仕事の両立とか、大変でややこしいことをたくさん抱えることになる凜子だけど、日和くんがそばにいてくれるから、きっときっと大丈夫。
     日和くんが「これからも、僕は凜子についていく」と何度も日記で決意表明しているところが好き。

     あと、凜子のスピーチライターとして、久遠久美さんが出てきたのも嬉しかった。

  • 待ったなしの日本にさっそうと現れた―史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。
    「BOOKデータベース」より

    日本初の女性総理大臣の夫の回想日記の形で物語は進む.未来の日本に生きる人たちに向けた内容.
    今私が読んでいる時点では、まだ女性総理大臣は誕生していないし、ここまで強烈な政治家は出てきていない.いつかこの本の内容が、こんな古臭い時代があったのだなぁと思うような、未来であってほしいと思う.

  • 現実にはない夢物語というか、TVドラマ観てるみたいなお話でした。
    表紙裏の少女漫画的イラストからして、そういう感じで読んでねってことかと。
    いまから数十年先の未来、日本初の女性総理が誕生して、
    その活躍ぶりと苦労と努力が、総理の夫目線で語られています。
    イケメンで資産家の必要ないけど、
    総理がプライベートのない公人であることの苦労はなかなか周りの人も大変ですね。

    消費税増税が現実に迫っている今読むと、
    与党のキャンペーンみたいな気もしてきますが、
    国民の声や気持ちを代弁している理想の政治が描かれています。
    しがらみのない裏表のない、実行力のある信念のある政治家ってのが
    もっと活躍できる仕組みになっていればねぇ。

    話も面白いし、女性がかっこいいし、日和くんはキュートだし
    伝説のスピーチライター久遠久美もお久しぶり。
    富士宮さんの最後のエピソードはちょっと美談にできないものがあるけど、
    凜子はいいんじゃないだろうか。
    日和ママがいい味出してます。

  • 日本初の女性総理が誕生した。
    夫で野鳥の研究者の日和が後世に残すと書いた日記。

    「本日は、お日柄もよく」からの流れで手に取りました。
    凛子がカッコイイですね。
    こんなクリーンで熱意ある総理大臣がいたらいいなと思わせるそんなストーリーです。
    現実と比べても、有り得ないと思われることは沢山ありますが、公人の窮屈さはきっとそのままなのだろうなと思いました。
    図書館で借りたので帯がない状態の真っ赤な本でした。
    帯の絵が、先入観になっていたので、帯無しの方がいいと思いましたが、どうでしょうか。

  • やっぱり、面白かったです
    マンガやテレビドラマを見ている感じ
    どうしても、何年か前に放送していた
    キムタクが主演のCHANGEを思い出しました
    総理大臣になった信念の人・相馬凛子
    その夫・日和さんの日記という形で話が進みます
    この日和さんがまた理想的な男性なのですよ
    凛子さんも日和さんも、まわりで支える人たちも
    みんな、格好いい、いい人たちなのです
    こんな世の中になったらいいね
    お人好しに、素直に、そう思って
    楽しく一気に読みました

  • 面白くて、一気読み。
    お坊ちゃま育ちの、主人公の人の好さに、ハラハラしたり。
    妻を愛する姿が、ほほえましかったり。
    思わず応援してしまう。
    そして困難な状況でも、信念を貫く、妻。
    こんな総理大臣が本当にいたら、と思ってしまう。
    痛快で、ほっこりした気持ちになる一冊。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-12c7.html

  • この本を読む前に『舟を編む』を読了したのだが、
    2冊並べて置いておくと色違いのセットものに見えてしまうくらい
    装丁の感じがよく似ていたというミラクル(笑)。
    取り敢えずは"伝説のスピーチライター"久遠久美さんが登場する
    『本日は、お日柄もよく』を読み返さにゃいかん。

    先ずは設定がぶっ飛んでる。
    消費税の増税は兎も角、贅沢品の税率を高くする複数税率、
    脱原発のエネルギー政策、雇用の安定と少子化対策など
    希望としては実現してほしい内容の話である。少なくとも個人的には。
    (本音を言えば増税するのは法人税や所得税にしてほしいんだけど)
    とはいっても、今の情勢を鑑みると夢物語と断じざるを得ないし、
    重ねて言うとこの設定がぶっ飛んでると思ってしまう現実が哀しい。

    日記形式で、過去を振り返る形で書かれている文章だが
    総理の夫である日和の目線で語られていると気付くまで暫くかかったのと
    時系列が前後するのに日付がすべて20XXになっているのが解り難くて、
    (括弧書きでフォローはされているものの)読み進むのに若干苦労した。
    日和の母と兄、腹黒い原久郎、同僚の伊藤さん、コロンボ阿部等、
    キャラ立ちしてる人が多くて楽しめた。
    ここまでインパクトがある人たちに囲まれた草食な日和くんは
    影が薄くなってしまいがちだけど
    そこはお育ちの良さと、妻の凛子を想う一途さからくる意外な男らしさで
    ちゃんと存在感を出しているのがすごいと思った。
    逆に凛子の人物像がほぼ日和くんの主観で語られていて、
    欠点が見えにくい完全無欠な人だったのがちょっと残念だった。
    意外な鍵を握っていたコロンボ阿部は後半もう少し絡んでくると思っていたら
    写真のエピソード以降消えてしまったので驚いた。
    彼と高校生の娘さんとの後日談のスピンオフがあっても面白いかも。

    現状では夢物語でしかないこの物語がいつか現実のものとなったら
    もう少し生きやすい国になるんじゃないか、という希望を抱ける話だった。
    オリンピックも決まったことだし、少しでも現実に近づくといいな。

  • 図書館で借りたもの。

    史上初の女性総理大臣となった相馬凛子。その夫・相馬日和は、史上初の「総理の夫」となった。
    自分の配偶者が総理大臣になると、今までの生活が一変する。

    裏切りがあった時は、どうやって切り抜けるのだろうとドキドキしながら読んだ。こんなに国民のことを考えた総理大臣っているのかな。付いていきたいリーダーです。
    「本日はお日柄もよく」の言葉のプロフェッショナル・久遠久美も出てきてびっくり。こういう作品間の繋がり、大好きです!

    女性総理大臣の誕生、そして総理大臣の妊娠出産、、近い将来起こりうるかも?

  • タイトル通り 女性総理大臣の夫目線の一歩引いた話と思えば 面白いのかも知れないけど
    凛子さんがどう闘い 日和くんがどう関わっていったのかわからないし
    しょっちゅう 話が前後するしで
    ほぼ斜め読み

    日和くんのお母様は好きだな

  • 最初は文庫で登録していたんだけど、単行本の装丁にもきちんと意味があることが分かって、登録し直した。史上初、女性の内閣総理大臣が誕生したことにより、史上初の「ファースト・ジェントルマン」になった夫・日和の目線で描かれた日記で綴られる奮闘記。難しい政治的要素はほとんどなく、頑張る妻・凛子をひたすら支えようとする日和や周囲の人々にほっこりする。荒れに荒れまくっている現実の政界。そこから、少しだけ目をそらして、こんな総理大臣が誕生してくれたら…と少しだけ夢見ることが出来る作品だった。

  • うーん、どうしてもこれがファンタジーのように感じられてしまうのは、やっぱり現実に幻滅しすぎているからなのだろうか…?政治の世界で初の女性総理、しかも「正義の人」…が勝ち残っていくことがまったくイメージできなくて困った。完全に一種のファンタジーとしてみるには痛快さだとか愉快さがいまいち足りない気もするし…。まあ、単に私が、政治の世界はどろどろの権謀術数渦巻いて、清濁併せ呑む原氏のような人物ばかりが跋扈する世界であってほしいという夢を見ているだけなのかもしれないけども。

  • 21世紀、今より先、日本で初めての女性総理大臣が誕生する。国民の目線を持ち、日本という国が本当によくなっていくための高潔な理想を掲げ、前代未聞の支持率をたたき出した聡明で潔白な総理大臣と、お坊ちゃん育ちで頼りないところもあるけれど妻を信じるやさしい夫。その夫(日本初のファーストレディならぬファーストジェントルマン)による日記形式の本。
    政治という、堅苦しく密室内で何が行われているかがわからない分野について、軽やかな筆致で、やや理想論にすぎるものの、おそらく種々のリサーチをして書かれたものなのだろうなぁと思うと興味深い。
    そう、たしかに今読むと理想論にすぎる、というイメージなのだが、これが決して単なる理想論ではないというような世の中になったら、国は変わるし、国民ももっと政治に関心を持つようになりそう。読み物としてはとてもラフで読みやすい。

  • 日本初の女性総理大臣となった相馬凛子。
    その夫の日和の日記という形の物語。
    ちょっと頼りない、鳥バカの日和に対して、自分の信ずるところを迷いなく進む凛子。でも信頼しあっている。こんな夫婦の形もありだな、と思う。

  • 日本初の女性総理となった相馬凛子の活躍と、夫である財閥家の次男で鳥類学者の相馬日和の日々が、日和の日記という形で綴られた一作。
    テレビドラマにしたら面白そう。ついでに…凛子総理は天海祐希さんが似合いそう。
    漫画チックで、文体も軽くて読み易いが、実のところ、作者の日本の現状に対する危機感や、将来への憂い、政治に対する痛烈な批判が透けて見えた。柔らかいオブラートに包んで、堅い政治の話をとっつき易く書いているけれど…この本に書かれている女性総理の政策や実行力は理想的であるけれど、夢物語として諦めなくてはいけないものではないと思う。国民は誰もが、こんな政治家や政党の出現を待ち望んでいるのではないかと思う。取り返しがつかなくなる前に(今の時点でさえ、取り返しがつくのかどうかわからないけれど…)、抜本的な国の立て直しをはかれるような政策を実行できる人材が出てきてほしい。私達国民も、受け身でそれを待っているだけではいけないのかもしれないけれど…
    ★2個にしたのは、夫である日和の人物造形にあまり魅力を感じなかったから。確かに優しくて良い人なのだが、あまりにも呑気で、お人好し過ぎて、ちょっとイラっとしてしまった。この夫、ベルばらのアンドレ的な役回りなのだが、もう少し頼り甲斐がないと、凄い女性の夫としての設定に納得感がないと思う。

  • 日本初の女性総理大臣とその夫という設定のストーリー。
    原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」が大好きな私としては、やけに強調して『「伝説の」スピーチライター久遠久美』 の名前が出て来るたびにクスクス笑ってしまいました。
    すきだわー、久遠さんのスピーチ。
    だからこそもっとスピーチが読みたいなと感じてしまいましたが。
    ここまで志を突き通せる総理大臣がいたらすごいなと感じましたね~。
    それが女性でも男性でも…ですよ。
    総理大臣も1人の人間で、支える人が必要なんだなと当たり前のことに気がつきました。
    総理としての相馬凛子もかっこいいけれど、妻としての凛子も素敵!
    最後の方は「ありがとう」という言葉の重さに涙が出ました。
    原田マハさんの好きな作品がまた一つ増えた感じでした。

  • 自宅ソファーで読了(23)
    かるーく、読みやすく。出来過ぎ感もあるけど、、。ドラマ化しそうだなぁ、、真木ようこあたりで(うれしいけど)

  • ドラマ化前提かしら…。できすぎ感のあるストーリーだけど、だからこそ映像化してほしい。

    日和の抜け感がいい感じ。凛子との関係も素敵だ。

    続きのストーリーを是非読みたい。
    今度は“総理の子”目線で。

  • 原田マハの芸術関係以外の物語ということで、とても期待が大きかった。
    女性初の総理大臣が生まれ、ファーストレディならぬファーストジェントルマンの総理夫が主人公。

    女性ならば、女性総理が誕生するという事に期待もある。
    しかし、女性だから「キレイに片付く」「穏やかに円滑にいく」なんて幻想だと思う。
    主人公二人が、金銭的にも容姿的にも、あらゆる面で恵まれすぎているのも気になるところ。

    それでも、夫の妻を見る目の温かさには癒された。

全189件中 1 - 10件を表示

総理の夫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

総理の夫の作品紹介

待ったなしの日本にさっそうと現れた-史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。

ツイートする