風を繍う

  • 102人登録
  • 3.41評価
    • (4)
    • (12)
    • (22)
    • (3)
    • (0)
  • 26レビュー
  • 実業之日本社 (2016年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536910

風を繍うの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 刺繍と刀。
    親子の掛け合い。テンポが良かった。
    結末は予想ができた。村正の呪いか。

  • 江戸を舞台に縫箔屋丸仙の娘が主人公。
    町では若い娘が切り殺される事件が相次ぎ、町の道場に通うようになった娘・おちえ。剣術はいつの間にか上達して同じ道場の中でもなかなかの腕前。
    縫箔屋に通ってくる侍がいる。その侍の目的は、丸仙に弟子入りしたいという。
    いつも断られて帰っていく侍・一居を気にするうちに、剣術がかなりの腕前であることを知り、ぜひ手合わせしたいと願うおちえ。
    一方縫箔屋の職人の娘も斬殺され、事件は道場師範代が切腹して解決と見られたが、おちえと道場仲間は信じることができずに真犯人を捜すことになります。弟子入りを許された一居とともに犯人を追ううちにおちえのこれからもいろいろ考えさせられることに。
    事件をきっかけに自分の先のことも考え始めたおちえ。そこにやってきた一居の修業も相まって、もう少しじっくりと思うところで終わってしまうのがやや物足りない感じです。未来を考え始めたおちえの中途半端さからすると、続きが出るのかもしれませんね。

  • 一居とおちえの今後は?
    続編はあるのかしら?

  • L

    どうにもこうにも途中までが辛い。この歳の町方娘を主役にするときは何故こうもおきゃんな娘にしてしまうのか。さらに男顔負けの剣の腕ってそこまで盛り込む必要あるのかね?冷静で頭がきれる旗本の息子が職人になりたいと懇願するのも、なんだか無理やり感あるし。このちぐはぐのまま読み進めるのが辛い。途中事件発生でぐっと締まるかと思ったけど、イマイチ。後半は話が一気に進みすぎて興ざめ。うむむ。唯一平凡な伊上が一番光ってたけど特に活躍するわけでもないし。やつれたところはよかったけど、そこまでやつれた要因にしちゃあ弱い話だったし。盛り込んだ割に着地点を見失って強制終了みたいな。なんだかキャラ先行で話を進めた感じが否めないが、そのキャラは特に深みもなく闇もなく。最後なんて酷いもんだよ。道場なくなってどうするかってアンタ。遅いよ!いくつだよ!深みないわー。
    シリーズですか?娘を主人公にするのはやめて親分でいくのはどうでしょう。前述面子で脇はかためられます。

  • 他のレビューにあるように中途半端というか物足りなさを感じました。「弥勒」シリーズと「おいち不思議がたり」シリーズを合わせたような。次作を読んでの判断になりますが、あまり続きを期待できないのが残念です。

  • 最近慣れてきた。
    やっぱ江戸、いいなぁ。
    でも、なんかあとちょっとって感じ。

  • 縫箔屋丸仙の一人娘・おちえは、若い娘が斬り殺される事件をきっかけに剣術を学びはじめる。腕の立つ旗本の三男の吉澤一居が侍を捨てて父に弟子入りしたいといいだし・・・

    シリーズものになるのか・・・だからあっさり終わったんだな。
    一が切れ者でかっこいいので続きもよみたい。

  • ★3.5
    続きが読みたい。

  • 2017年1月西宮図書館 途中

  • 2016.12.16読了

全26件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風を繍うを本棚に登録しているひと

風を繍うを本棚に「読みたい」で登録しているひと

風を繍うを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風を繍うを本棚に「積読」で登録しているひと

風を繍うのKindle版

ツイートする