あの子が結婚するなんて

  • 135人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (9)
    • (22)
    • (5)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • 実業之日本社 (2017年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537061

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あの子が結婚するなんての感想・レビュー・書評

  • 皆さんの評価を読むと、かなり手厳しいなぁという感じだが、私は楽しく読ませて頂いた(*^^*)

    女にありそうな色々、そうそうって思う箇所もあったり、これは違うでしょという所もあったり。

    目次を読んで、単純にハッピーエンドの本かなぁと思ったらその先色々いい意味で期待を裏切られ、なかなか楽しませて貰った(*^^*)

  • 大企業に勤める32歳の西岡七々未に、親友から結婚するとの連絡が。相手は開業医の息子の医者だという。七々未は、結婚式のサポートをするブライズメイドの代表になってほしいと頼まれる。男性側のサポートをするのはアッシャーの神崎。打合せで何度も会ううちに、彼女は惹かれていくが。。。
    女性の結婚に対する焦りのようなものや、嫉妬は正直よく分からなかった。が、”なんとなくだけど、次は私じゃ”という感覚は結婚意外でも十分ありえる話だなと。

  • けっこう題名通りな話。このパターン多いな。でも軽く読める。 2017.8.25

  • 女友だちって、こんな風に思ってると思われるのはちょっと…

  • 高校からの仲良しグループ、32歳の女の5人組。
    えー!32歳でこんな調子いいことある?!なんだかなぁと読んでいるうち、まぁこのままトントン拍子でもいいかぁと思ってしまう謎。
    32歳結婚願望有り彼氏なし独身女の切迫感が薄い気もするけれど、楽しく読めた。女は腹黒いよ!

  • うーん、今時の結婚とか恋愛ってああいう感じなの?
    どうにもついていけなくて、登場人物の誰にも気持ちが入らなくて読むのに時間がかかってしまった。
    実は、そもそものタイトルに結婚する友人を下に見てる感が伝わって不安はあったのだ。作者名で買ったんだけど、うーん、としか言いようがなく残念。

  • いいですよね、友達。
    学生時代の友達って、何も隠せない。
    分かる分かるってうなずきながら読みました。
    きつい事も言い、言われても許せるのが友達。
    楽しく読みました。

  • 最後のあたりの女友達云々は共感できるところもあったが、そこまでが長い。
    ななみの相手に何かあるというのも途中でわかるし、フィクションなのに美宇たちにイラついてしまった。

    美宇が合コンでは引き立て役、紹介してくれる人は微妙と不満をぶちまけてたが何言ってんだって思う。
    嫌なら断れ。
    呼んでもらえるだけありがたいよ…
    と人脈の少ない私は思うのでした。

  • き、気持ち悪くなりました。

    こんなじゃナイですよぅ。

  • 女のドロドロを書きたいのか。
    ラインやメール、結婚相談所、美容、ファッション、風俗。
    しっかりと下調べをしているとは思う。
    ただくどい。細部に焦点が当たる。良いか悪いか分からないが、テンポが悪い。
    親友が新婦への鬱屈を隠しているのはよくわかる。
    本当は見下していたのではないのか。

    オチがマザコンとゲイ。。。作者には何か含むところがあるのか?

  • 仲がいいんだろうけど、女同士ってどうしてもライバルみたくなって張り合ってしまうんだろうな。
    〇〇ちゃんには**で負けてるけど、△△で勝ってるとか。
    5人、それぞれに役割があるような仲良しでもそうなんだからな。結婚するなんて時期は特にピリピリしちゃうのかも。
    いやいや、結婚なんてしてもしなくてもどっちでもいいのにね。なぜ、そこにこだわる。

  • 女性カーストの話しか。

  • だからイケメンってやつは...

全15件中 1 - 15件を表示

あの子が結婚するなんてを本棚に登録しているひと

あの子が結婚するなんてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あの子が結婚するなんてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あの子が結婚するなんてを本棚に「積読」で登録しているひと

あの子が結婚するなんてはこんな本です

あの子が結婚するなんてのKindle版

ツイートする