ぐるぐる♡博物館

  • 383人登録
  • 3.54評価
    • (4)
    • (17)
    • (15)
    • (2)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 実業之日本社 (2017年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ぐるぐる♡博物館の感想・レビュー・書評

  • しをんさんの文章は本当に面白い。何度声を出して笑ったか。日本は美術館や博物館の数が突出して多いと聞いたことがあって、それだけ知りたい、見たいという意欲の旺盛な国民性なんだろう、とは思いますがこれ読んだら巡礼のごとく全部行きたくなります♪間に日本製紙石巻工場が登場して、「紙つなげ」を思い出してちょっとページを撫でてみたり。どの博物館で働かれている方も熱意、情熱に溢れていて素敵♪国立科学博物館とボタンの博物館に特に行ってみたい。当分先になるだろうけれど。

  • どの博物館も行きたいが、一番はモチロン風俗資料館である。

  • 作家・三浦しをんの博物館探訪記。
    三浦さんはエッセイ口調が独特なので、私のような、彼女のエッセイのファンは楽しめると思う。
    文章を読むと彼女が自ら行きたくてこれらの博物館を選んだのだな、とわかる。
    すごく楽しんでいるのが伝わってくる。

    収録作品:茅野市尖石縄文考古館 国立科学博物館 龍谷ミュージアム 奇石博物館 大牟田市石炭産業科学館 雲仙岳災害記念館 石ノ森萬画館 風俗資料館 めがねミュージアム ボタンの博物館 熱海秘宝館 日本製紙石巻工場 岩野市兵衛さん

  • しをんちゃんの博物館巡りがおもしろくないわけがないっ!

    土器にメガネに漫画にボタン···全国にはいろんな分野に特化した博物館があるのですね。
    奇石博物館は小学生の頃に行ったけれど、今はさらに展示に磨きがかかっている様子···これは行ってみなくては!
    職業柄気になるのは、風俗資料館。
    会員制のSM·フェティシズム専門図書館···どんな資料が並んでいるのか、見てみたくてうずうずするけれど、思い切って飛び込めるほどの度胸はないなぁ···。

    しをんちゃん、あいかわらず興味の対象へのテンションの上がり方がすてき。
    そのあふれでるわくわく感が、こちらの好奇心も刺激してくれました。

  • 思い出してみると博物館って、個人的には行った事って片手で足りるんじゃないか…ってぐらいだけど、この本を読んで、しをんさんを通しての博物館巡りは面白くって、どの博物館も行ってみたくなった。しをんさん流石です。

  • これまで博物館にはほとんど興味がなかったけど、三浦しをんのレポートを読んでると行きたくなる^_^取材相手の愛も相当だけど、この人がその熱をガシッと受け止めてるからこそなんだろうなぁと思った。

  • 久々に三浦しをんの新作が出てると思ったら、小説じゃなくて博物館の紹介というか、旅行記のようだった。最初は堅めだったけど、後半は風俗とか眼鏡とかボタンとか楽しそう。ボタン博物館は大阪にあるっていうから、次の旅行で行こうかと思ったのに、なんと今年閉館したそうだ。残念。風俗資料館も行ってみたいけど、やっぱハードルは高かった。そうだよなー、冷やかしがおしかけそうだもんなー。石巻の萬画館も行っとけば良かったかなー。三浦しをんのテンションの上がり具合がほほえましい。

  • しをんさんの愉快な博物館巡りエッセイ。お堅いイメージの博物館も、しをんさんの軽快な語り口にかかれば楽しいアミューズメントに早変わりです。実際の博物館の解説文もしをんさんが書いてくれたらどれだけ楽しくなるだろうか。さて私も博物館好き。今回取り上げられたうち、3か所行ったことがありました。その中でも何度も行っている大好きな『奇石博物館』が登場したのは本当に嬉しいです。幼少の頃から毎年通いました。今でもここで購入した「砂漠の薔薇」は宝物です。この本も奇石博物館も本当に面白いので、皆さんもぜひ。

  • 10カ所の博物館を巡るのに2年以上かけての取材。
    他の小説などのお仕事もお忙しいのでしょうが、これは博物館を「選ぶ」事に時間を費やしたからなのではないでしょうか?
    時間を掛けて選んだだけあって(本当に…?)面白い博物館ばっかりでした。
    行ってみたい。
    「紙つなげ!」の紹介が載っていたのも◎

  • こういうの大好き。次も楽しみ。

  • しをんちゃん いつもおもしろい

  • さすが三浦しをん!笑えるし、博物館に行きたい欲がムクムク湧いてくるエッセイだった。
    国立科学博物館から風俗資料館まで、10の博物館が紹介されている。風俗資料館って…個人のスクラップブックって…。私は雲仙岳災害記念館と、めがねミュージアムに行きたくなった。めがねミュージアムの榊さんのトイレのくだり、とても好き(笑)
    あと寄り道の紙漉き職人・岩野市兵衛さんの章も面白かった。力の入ってない気さくな人間国宝の職人って、カッコいい!
    しかし三浦しをんのように想像力(妄想力)があって興味を抱いてくれたら、案内する人も楽しいだろうな。私なんか「へー、そうなのかー、納得」で終わってしまうのに。今度博物館に行くときは、もっと妄想力を働かせてみようっと。

  • エッセイだと知らずに読んだ。
    こういうマニアックなの大好きなので、すごく面白かった。鉱石博物館行きたい!

  • 国立科学博物館、雲仙岳災害記念館、めがねミュージアム…。人類史の最前線から、秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検するルポエッセイを収録。

    三浦しをんの好奇心全開エッセイ。往年の東海林さだおや椎名誠のような軽妙洒脱な文体で、ディープな博物館めぐりをする。石ノ森章太郎博物館などは、私は別に石ノ森ファンではないけれど行ってみたいと思わせるほど。
    (C)

  • 楽しく、参考になる本でした!

  • 三浦しをんさんのエッセイが読みたい・・・と、思う。
    博物館探訪記もおもしろかったんだけど。

  • 久しぶりのエッセイ新刊だー!豪快なサイン付き。
    普通の小説も良いけど、三浦さんの真髄はこの独特のぶっちゃけ調子だと思うのだ。

    しかも博物館。本とか何でもそうだけど、自分から選ぶのはどうしてもちょっと小奇麗なチョイスを優先してしまうので、こういう「あえて選ぶとこまでたどり着かないところ(もの)の魅力を伝えてくれる」っていうのはありがたい。皆が行きたいところなんてあえて取り上げなくてもいいんだよ!(別の変な切り口でとかならまた別だけども)

    それでも自分の琴線に触れなければ「行ってみたい」とは思わないものだけど、おかげさまでこの本に掲載されているところはもれなく「行ってみたい」レベルに到達しました。おめでとう。
    正直土器とか災害記念館とかは、読み物止まりかなと思っていたけれど、そこで愛を持って働く人の芯のある解説がつくと見方は変わるものだなと。美術館とかでも、対象物と自分だけの世界でありたいと思ってしまうので、音声ガイドとか利用しない派ですが、あれって有名人とかよりも学芸員さんとかのほうが良い気がするのは自分だけだろうか。聞きやすさとか話題性とかはさておき。自分が「何かに突き抜けてる人の熱のある話」が大好きなせいかもしれないが。

    今一番行きたいのは奇石と石炭。あとめがね。

  • ディープな世界を三浦しをんさんによるディープな紹介・解説。三浦節炸裂、面白さ抜群。旅をしないと、その博物館があることさえもわからない。知らない博物館を楽しく紹介してくれた三浦さんに感謝感謝だ。実に興味深い。パート2とか出て欲しいな〜。

全20件中 1 - 20件を表示

ぐるぐる♡博物館を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぐるぐる♡博物館を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぐるぐる♡博物館を本棚に「積読」で登録しているひと

ぐるぐる♡博物館のKindle版

ツイートする