崩れる脳を抱きしめて

  • 286人登録
  • 3.68評価
    • (11)
    • (35)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 知念実希人
  • 実業之日本社 (2017年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537146

崩れる脳を抱きしめての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不治の病を扱った小説は元々苦手で、更にラブストーリーが絡んでくると普通もうお手上げなのだけど、この知念さんの新作は抵抗なく読めた。謎解きの興味で最後の最後まで引っ張られる。知念さんが人気急上昇中なのが納得出来た。
    伏線の張り方が巧く、脇役(例えば主人公の元カノで広島弁丸出しの女性)が生き生きしていて、暗い題材を救っているのも巧い。こういう医療ミステリ、他の作家さんは書けないものなあ。
    但し、知念さんの作品の愛読者なら、第一章の終わり方で結末がある程度は予測できるかも知れない。そうなると帯にある様な感動も薄れてしまう。実際に私がそうだった。もっと予想の上を行って欲しかったな。

  • 研修医と余命いくばくもない脳腫瘍患者。心に傷を持つ同士、いつしか心を通い合わせて…てな単純なラブストーリーじゃ終わらない、そりゃそうだ、知念さんだもん。
    なるほど、そういうことだったのか、と膝をポン。小さな違和感は大きなトリック。そうかそうか、と大きくうなずく。一つ気になるところはあるけれど、それはそれとして最後まで油断禁物。

  • 医療ミステリーを得意とする著者が、恋愛の要素を取り入れた新しい分野に挑戦とのことで話題になっていたので、読んでみた。
    著者の作品を読むのは2作目。
    最初も医療ミステリーではなく、普通の作品を読んでしまったためか、他の人が絶賛するほど、インパクトの強い作家さんのイメージはない。
    今作も「泣ける」との評価もあったので、結構期待したのだけれど…正直、全然だった。恋愛要素にもそれほど胸は打たれず、ラストの種明かしもそれほど驚きもせず。
    最初から最後まで「フツー」だった。残念…

  • 病棟シリーズ2冊に次いで、知念さんの本は3冊目。なぜに知念実希人はこれほどまでに面白い?
    この凄まじいストーリーテラーの才能は、まだまだこれから磨かれる!

  • プロローグを読んだ時はサスペンス色が濃いと思っていたけど、医療を絡めた恋愛ミステリーだった。
    ちょっと少女マンガっぽいところもあったけど(彼女は幻ですべて妄想だったと思わせるところとか、蒼馬が学生時代に空手部の主将で、ナイフを持ったやくざっぽい男たちを一撃で倒してしまったとこなど)二転三転する内容はとてもおもしろく一気に読んでしまった。
    元カノの冴子さんって素敵な女性。好きだなぁ。

  • 前半,今はやりのお涙ちょうだい恋愛小説かと思っていたら,後半になってぞわぞわしたミステリーに、そしてやっぱり恋愛小説へ.いろいろと楽しめました.

  • 医者が書いてるだけに病状とか処置とかが本物らしい.だいたいのカラクリがうっすらとわかる人にはわかるんじゃないかなあ.僕は素直に驚いて,また感動もしました.

  • 恋愛医療ミステリー???

    恋愛話がベタベタと言うか、臭すぎて、
    失礼だけど「著者は学生時代モテなかったんだろうな」と思ってしまった。

    あと、著者の作品で毎回感じる文章が説明的過ぎる感。

    その二つが気になりながら読み進める。
    全体的には面白いような‥
    最後大ドンデン返しでもないような‥

  • 医療ミステリー作家の恋愛小説。感動した!という声が多かったけれど、自分にはさほど響かなかった。いい話ではあったけれども。主人公とヒロインのはじまりに印象的なものがなく、何となく、いつの間に?という部分があったからかもしれない。けれど普通に読んでいて面白く退屈はしないので。

  • 医療ミステリーと恋愛の物語だった。脳の重篤な病で余命は短い若い女性患者と研修医は最初はお互いに距離がある感じだったが、医者と患者との関係が近づく。同じく脳の重篤な病で余命がわずかなオレンジの女性と出会ったことで、若い女性が先生により近づき、先生は振り回されているようで、一線を超えるのではドキドキ感。女性が亡くなり、病院の記録のズレに不信感を抱いた先生が謎を突き止め、実は違う事実が突きつけられ、患者の女性同士体と体が一心同体となり、惹かれる姿と謎の解決は安心とすっきり感。お互いが長く過ごせればと願う。

全30件中 1 - 10件を表示

崩れる脳を抱きしめてのその他の作品

崩れる脳を抱きしめて Kindle版 崩れる脳を抱きしめて 知念実希人

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
森 絵都
住野 よる
村田 沙耶香
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
塩田 武士
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

崩れる脳を抱きしめてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

崩れる脳を抱きしめてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

崩れる脳を抱きしめてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

崩れる脳を抱きしめてを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする