年下の男の子 (実業之日本社文庫)

  • 971人登録
  • 3.68評価
    • (66)
    • (166)
    • (157)
    • (15)
    • (3)
  • 141レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • 実業之日本社 (2011年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550305

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
東野 圭吾
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

年下の男の子 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画(コミック)を読むようにサクサク読めました。小説が苦手って人にも、かなり読みやすいと思います。

    晶子さんみたいな人生、生まれ変わったら経験してみたい。会社ではそこそこの地位もあり、マンションまで購入して、13歳年下の可愛い彼がいるなんて…。別れが来た時の怖さに不安になる事、勿論痛いほど解る。だから、心の中で「ファイト!」って励ましながら読みました。

    羨ましくもあり、晶子さんになりきりながら、夢のような一時を過ごせて幸せでした♪

  • 37歳の女性課長代理と23歳の契約社員の14歳差恋愛のお話し
    年上の女性との恋愛は確かに増えているけどね
    実際私も10歳離れた人と付き合った事もありますし
    さらに奥様は4歳上ですし
    でもまぁ、14歳かぁ
    男が37で女が23歳は、まぁまぁ微笑ましい要素がまったくないわけではないけど、やっぱり性別が逆だと厳しいわなぁ

    そんな感情が晶子さんからひしひしと伝わってくる

    なかなか相手のことを信じられなかったりするのもわかる
    なかなか踏み込めないのもわかる
    別れた時の事を考えるのもわかる
    ただ、最後のあの行動だけはわからん
    なんでそんな非常識な事をしてしまったかね?

    でもまぁ、そこまで思いつめるほどの相手だったってことなのかな?

    なんか、最後のあの怒涛の展開がいまいち納得出来ないなぁ
    結局何も考えてないじゃんという感じがしてね

    二人とも、この後がもっと大変なんじゃないのかなぁ~ と思う

  • 五十嵐ファンの職場のおじさんから「押し貸し」ですと強引に何冊か持たされてたんですけど、イマイチ興味がなく、長いこと借りっぱなしでいました。
    いい加減読まなきゃ、と思い腰をあげた次第です・・・

    23歳の契約社員の男の子と37歳の独身女子の恋物語でした。
    目新しい設定ではないけれど、一途に彼女を追いかける児島君に惹かれつつも、年齢差などから一歩が踏み出せない晶子さんの気持ちは共感したし、児島君が何気にかっこよくてちょっとときめいたりして、意外と楽しめました。(ラストシーンだけはわたし的にはありえないけど)

    私自身年下はムリと思ってきたけど、こういう話にときめくようになったのはおばさんの証拠かしら(涙)
    ちなみに「きょうは会社休みます」のドラマも毎週楽しみにしてるクチです。

  • この作者の作品は、大体はずれはないのですが、なかなか面白い1冊でした。
    ストーリー自体はおおむね想像通りに展開し、その意味では驚きはないのですが、それでもついついページをめくってしまう。やはりその辺が作者の力なのかなと思います。14歳年下を好きになった37歳の女性の気持ちというのは、60歳近い男性の私にはわかりません。でも、ここのレビューを見ても、女性から大きな不満が寄せられていないところを見ると、大体、この作品のような心の動きをするのでしょうね。
    逆に若干、年下の彼がちょっとできすぎ、という感じもしますが、そこはそれ、物語ですから・・・

  • そんなラストかぁ(T ^ T)
    すごいな〜晶子さん!
    共感するところ多過ぎて、
    噴き出すほど楽しく反応したり、
    置き換えてかなり悩んで凹んだりしながら、
    雨の音がする中読み終えました。
    もうこんな時間だー☆

  • 37歳の独身女性がマンションを購入。仕事関係で23歳の契約社員の男性と出会い恋に落ちるお話。
    現実主義のこの女性の考え方、恋愛の可能性について現代社会にありふれた内容の1冊でした。

  • うらやましい話だなぁ…(-_-)イケメン・高身長・性格もいい、加えて肉食系。最高じゃないか~

  • 読みやすいし、おもしろかったけれど
    あまりリアルぽくはるけれど、リアルじゃない感じがした。
    なぜ彼が14歳も年上の彼女を好きになったのかとかの理由もわからいし
    主人公の悲観的な思考も読んでいるうちにイライラする。

  • 読んだ、読んだ、読み終わったよーん。
    男性名の作家さんが、女性の一人称で書く話だったから、あんま期待しないでおこう、と構えず読んだけどもなかなかどーして。
    じゅうぶん、楽しませて貰いました。
    というか、ほんとに男性が書いているとしたら、きっと実際にこういう人がいて、かーなーりしつこく取材したのであろう。
    37歳・独身の晶子の心理描写にほとんど無理はなかった。
    せいぜい、いくらなんでもサバサバし過ぎだろうよ、という程度で、14も年下の男の子から好意を示され、最初は冗談だと受け流すところから始まって、あら? なんか流されてる?? 的に児島君のペースに巻き込まれていくあたりは、正直に言うと
    「んもー、羨ましい!」
    のひと言である。
    この年代でおひとり様な女性で、こんなに若くてイイ男(本文から抜粋すれば“ジャニーズレベルのいい男”)から
    「年齢とかそんなの全然関係なくて、好きになっちゃった相手がたまたま14歳上だったっていうだけの話なんですよ、オレにとっては」
    とか言われてグイグイ押してこられるシチュエーションに“萌えない”ひとはおらんでしょうよ!
    傾くか傾かないかはまた別次元の話としても。
    例えば主人公を自身に据えた場合、各々好きな若手俳優・アイドルを相手にしてこの本読んでみたら……いやー、もう、ファンタジーの域にまで達する流れであるよ(わたしの場合は三浦春馬クンである)。

    言うまでも無いが、この本は恋愛小説なので、晶子はバリキャリではなく、年齢が年齢だけに『課長補佐』という肩書きがつき、職場ではお局さま扱いされつつも、でも仕事はそつなくこなし、わりと高めの勤務評価を得ている、まあ、フツーのOLとして描かれている。
    物語も、社内派閥のドロドロがあるでもなし、児島君を挟んで若い自信満々の女子に宣戦布告されることもなし(児島君に片思いする若い女子は出てくるが、晶子に対して何もしない)、晶子が仕事でとんでもない失態をするでもなし、と、とにかく児島君からアプローチされてひたすら戸惑う晶子の心理が、徐々に変化していく様子のみなのである(晶子の一人称だからそれはとうぜんなのであるが)。
    それでもおもしろく読み進むことができるのは、やっぱりどこか“お伽噺”な感覚があるからだろう。

    読んでいて、こんなことあったらいいなぁ、羨ましいわぁ、と感じつつも、ジャンボ宝くじの1等が当たるより低い確率でしか実際には起こりえないこともわかってる。
    なのでコレと言った大事件が起きなくても、安心して読めるのだろう。

    それでも完全なるお伽噺でないのは、晶子が最後の最後で
    「わたしが彼を幸せにしてやるんだ!」
    ということに気づくところ。
    “男に幸せにしてもらう”
    ことだけが女の――晶子自身の幸せではない、そのことに気づき、彼女はおもいきった行動に出る。
    そのアッパレ感が、お伽噺な空気を
    「いや、もしかしたらわたしにも……」
    とおもわせてくれて、なんだかウキウキして読み終われるのである。


    ところでこの作品には続編がある。
    『ウェディング・ベル』
    すでに発売されているが、これは文庫になるまで待つとするのだ。

  • 続きが気にはなるが、いますぐ!とは感じないので、折を見て探してみようと思う。

全141件中 1 - 10件を表示

年下の男の子 (実業之日本社文庫)に関連する談話室の質問

年下の男の子 (実業之日本社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

年下の男の子 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

年下の男の子 (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

年下の男の子 (実業之日本社文庫)の単行本

年下の男の子 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする