排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)

  • 274人登録
  • 3.23評価
    • (6)
    • (25)
    • (46)
    • (12)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 今野敏
  • 実業之日本社 (2011年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550442

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今度はマレーシアが舞台。タイトルイメージとはだいぶ違うが、気楽に楽しめる。佐伯周りの人間関係の変化も楽しめる。ただし、描写はかなり暴力的。

  • 佐伯シリーズ。
    今回の舞台は海外で、でも相手はやはり暴力団。
    村人への痛めつけ方がひどくて、描写だけで顔をしかめてしまったほど酷かった。次を早く読みたい。

  • 今野敏による潜入捜査シリーズ第二弾。
    本作の主な舞台はマレーシア。日本企業によるゴルフ場建設や森林伐採などが問題視されていたバブル期の時代背景が垣間見える作品となっており、その裏に暗躍するヤクザたちとそれに対抗する佐伯たちとの戦いが描かれる。
    物語としては前作同様、格闘シーンに重きが置かれている印象。冒頭は放射性物質を含む産業廃棄物処分の問題や自然破壊の問題を解決するために佐伯たちがマレーシアに赴くことになったという結構重いテーマを内包していたはずが、放射性廃棄物の話はいつの間にかどこかに行ってしまい、マレーシアまでやってきたヤクザとの格闘とその親分格の組を潰すということに主眼が置かれていく。
    テンポが良く、非常に読みやすいのでサクサク読め、かつ王道の勧善懲悪モノ、主人公がやたらと強いという安心感もあり、あっという間に読み終えられる印象。ストーリーはサラッとしているが、読後感は悪くない。
    所長の内村が相変わらず謎の存在のため、続編でどんな展開を見せるのかにも期待がかかる。

  • マレーシアに行っちゃった。
    確かに先進国って外に出て行ってその地の大切なものを金儲けのために壊しちゃったりするんだろうなぁ。
    村の人と団結したところはジーンと来た。
    続きものみたいだから次もよみたいな。
    秘書との仲が縮まってるけど、20歳のガールフレンドはどうした?!

  • いきなり海外の事件?

  • 『環境犯罪研究所』に出向中の刑事佐伯は『佐伯流活法』の使い手だ。今回はマレーシアで日本のヤクザ新市を相手に大暴れ。かつての部下奥野刑事と弁護士平井も加わり、話は益々面白くなってきた。

  • 前作の一部のような・・・ついにアイツと
    決着がつきました
    主人公は登場時に比べて大人になったというか
    対応が果断じゃなくなった(悩み中?ぶれるな!)
    その分悲劇ドラマも起きたりする

  • ん?これ潜入捜査?と思わないでもないけど...戦闘?シーンに数ページ。でも軽く読める☆バスの中でもOK!

  • 暴力団と戦う元マル暴刑事・佐伯の第2弾。舞台はマレーシア。あっという間に読了。

    ふむ、面白いには面白いが、何かちょっと物足りないかな。佐伯を誰に演じさせるのが一番カッコいいか…なんて考えながら読むと楽しい。

  • 潜入捜査シリーズ、佐伯マレーシアへゆく。死ぬためだけに登場させられた人物たちがなんとも尾を引いてしまってる感じだけど、前作よりも古武術の動きは盛り沢山かな。謎を謎のままにして次作に繋げてる箇所も多く、映画公開前にスピンオフで作られたスペシャルドラマみたいな感じか。今作だけでは消化不良かも。そうやって次作に期待させる戦法なのかしら!

全29件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

排除―潜入捜査 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする