月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)

  • 43人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 風野真知雄
  • 実業之日本社 (2011年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550527

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もっと、ハチャメチャかと思ってたけど意外とまともな話。ちょっと退屈

  • 2011年10月刊。文庫書下ろし。シリーズ1作め。紀州の吉宗の命を受けた異能の忍者集団から大奥を守る剣の達人、村雨の活躍が楽しい。大奥同心3人のチームワークもなかなかのもので、良くできた面白い話だ。

  • 作者様は吉宗が嫌い?かわいそうな主人公。

全3件中 1 - 3件を表示

風野真知雄の作品

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)の作品紹介

幕府の政治刷新に大ナタをふるう新井白石の家臣・村雨広は、剣の腕を見込まれて、現将軍の実母である月光院の警護を命じられた。月光院はかつて浅草の裏長屋で村雨の隣に住んでいた浪人の娘・お輝だった。ひそかに思いを寄せていた村雨は、運命を感じ、彼女を命を懸けて守り抜く覚悟を固める。大奥の黒い陰謀と戦う「大奥同心」の活躍を描く新シリーズ第1弾。

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)はこんな本です

月の光のために - 大奥同心・村雨広の純心 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする