黄昏たゆたい美術館―絵画修復士 御倉瞬介の推理 (実業之日本社文庫)

  • 72人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (7)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 柄刀一
  • 実業之日本社 (2011年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550619

黄昏たゆたい美術館―絵画修復士 御倉瞬介の推理 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 確かに美しい。
    前の巻よりぐっと面白かったです。
    特に『ひまわりの黄色い囁き』には痺れました。

  • ふぅーんそおかぁ。

  • 美術の知識があればもっと面白かったかも。

  • 本屋でふっと目に止まって購入。予備知識はまったくなくともこういう勘は外れないものだ。かくてやはり当たりだった。面白い。そしてこの読後感はどういうものだろうか。ふっとこれはミステリだったのだろうかと疑問が浮かぶ。いや、たしかにミステリだ。事件の謎だけでなく登場するさまざまな美術作品に秘められた謎も鮮やかに解かれていく。それでも単なるミステリではない詩情にあふれていた。それは表題作でありラストの一編『黄昏たゆたい美術館』のイメージが強いからだろうか。とても静かで物語のなかで語られる靄のような哀しみをはらむが優しく、さわやかさがあった。また扱われる作品の解釈や画家に関する考察にもわくわくした。しかし、ゴッホとゴーギャンの20メートルの画布の話はよく取りざたされるが『ひまわりの黄色い囁き』にはちょっとやり過ぎ感があるという印象が拭えなかった。私の想像力が貧困なのかもしれないがうさぎの耳はやっぱりちょっといただけない。どうしてもバニーちゃん化したマンガちっくなゴッホが頭から離れなかった。美術作品としては『ユトリロの、死衣と産衣』で扱われたユトリロやルドンが好きな画家だったので印象深く、『神殺しのファン・エイク』は、作品解釈もさることながら物語として好きだ。哀しみはどうしても残るが彼が意図した救いがたしかにあったと思いたい。ちなみに今作はシリーズ二作目だったと読みはじめてから気づいた。早急に一作目を入手したいと思っている。

  • 絵画修復士の御倉瞬介が出会う、和洋様々な絵画にまつわる事件たち。
    日常の謎系かと思いきや、普通に人が死ぬので苦手な方はご注意を。
    こちらはシリーズ2作目で、前作に比べキャラクターも雰囲気も深みが出てきたように感じます。特に、私はゴッホの話が好き。
    3作目4作目と続いていくほどに面白くなりそうで楽しみです。

  • 絵画修復士の仕事に興味をもって読んでみたのですが、仕事の内容が詳しく語られることはなく、仕事をしてるなかで出会った美術品の謎、現実の謎を解いていく作品集でした。絵画についての蘊蓄は美術番組を見ている人ならほとんど知っている内容ではないかと(実際参考に資料として番組の名前も上がっている)。新解釈として語られる話も、作中で説明されている内容との食い違いや矛盾があり、あまり納得できず。美術ミステリの部分と現実のミステリの部分がうまく繋がっていないようにも思います。なにより説明の間に登場人物が無駄に感嘆したり、ページを開いただけでも記号が多いのが目についたりという文体が私には読みにくく、だんだん読み進めるのが作業のようになってしまいました。残念。

  • 美術に絡まるミステリー。
    なんか続編らしいですよ←知らずに購入してしまったorz
    でも連作短編だから問題はない訳だけど?
    なんかショック( ̄▽ ̄;)

    柄刀さんのミステリーって何て言うか、いや、そんなに読んでる訳じゃないから違うかも知れないけど
    イメージされる色が、透明っていうか澄んでるんですよね
    ミステリーだし人死んでるし、この本だと恋人が縛られてる妹殺したり……本気で考えると鬱に成り兼ねないんだけど、なんか漂う空気がどんよりしてないの
    自分が違うとこにいて眺めてるとか入り込めないとか、そうではなくて一貫して澄んだ空気の中に微かな光があって祈り、みたいな?
    そこが好きな訳で、この短編は大好きな絵も関わるとあって楽しかった
    絶対長編には向かない設定だけどな
    久しぶりにこの方の集めるか
    綾辻さんを頑張ってしまって浮気したままになってるんだよね(;´∀`)

  • 2011/12/4 Amazonより届く。

全10件中 1 - 10件を表示

柄刀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

黄昏たゆたい美術館―絵画修復士 御倉瞬介の推理 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

黄昏たゆたい美術館―絵画修復士 御倉瞬介の推理 (実業之日本社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄昏たゆたい美術館―絵画修復士 御倉瞬介の推理 (実業之日本社文庫)はこんな本です

黄昏たゆたい美術館―絵画修復士 御倉瞬介の推理 (実業之日本社文庫)のKindle版

ツイートする